ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

何もかもイヤになったら試してほしい「群馬・宝川温泉へのひとり旅」

何もかもイヤになったら試してほしい「群馬・宝川温泉へのひとり旅」

ふと思う。最近、寒すぎるのではないか。

ヒートテックを何枚着ても貫いてくる寒波。バンプ・オブ・チキンだって、「君の冷えた左手を僕の右ポケットにお招き」しているヒマがあったら、さっさとコタツに入って汁粉でも飲みたい気分だろう。

JR東京駅 改札前に立つライター

誰にも会いたくない。
何も考えたくない。

寒さのあまりすべてのやる気がなくなったとき、どうすべきか。
そんな僕を救ったのは、ある温泉旅館へのひとり旅だった。

場所は、群馬県・宝川温泉。

「群馬」と聞くと、インターネット民はすぐに「グンマー!」と馬鹿にするが、そんなに荒野ばかりの地ではあるまい。せっかくならこの目で確かめてみようと思ったのが、群馬を選んだ理由だ。

結論、ひとり旅で行くなら、ベスト・チョイスな行き先だったのではないか?
と思えてしまうほど癒やされたので、体験レポをお届けしたい。

日々の仕事や寒さに飽き飽きした皆さんが、「群馬に行こう」と思えますように──。

圧倒的に癒やされる“異世界”に向けて、旅に出る

音楽プレーヤー

ということで始まった、上越新幹線で行く、ゆらり・ひとり旅。

新幹線や車の中で聴く一曲目は、大抵くるりの『ハイウェイ』である。
これが空港に向かう途中なら小沢健二の『ぼくらが旅に出る理由』を選んでいるし、そうやって音楽から気持ちを盛り上げることは、何も悪くないと思っている。
そもそも僕には、旅に出る理由なんて1つか2つしかないからだ。

上越新幹線 車窓の風景

JR東京駅からJR高崎駅までは、1時間もかからない。
景色は、あっという間に様変わりする。

水上駅 ホーム

そこからさらに上越線に揺られて約1時間。到着したのは、JR水上駅。
写真だとわかりづらいが、前が見えないほどの吹雪。

関越交通バス 水上線 車内

冷たい雪に降られながら、路線バスに乗り換え。
たまたまタイミングが良かったのか、10分と待たずに出発できたけれど、バスは1日6本のみ。この1本を逃したら、次は2時間後。田舎のスリルを味わった。

※ちなみに宿泊先である「宝川温泉 汪泉閣(おうせんかく)」は、水上駅からの無料送迎も行っているので安心してほしい。僕が路線バス待ちのハラハラを味わうことになったのは、肝心の送迎事前予約をしそびれたからだ。やはり横着はよくない。

関越交通バス 水上線 車窓の風景

貸し切り状態のバスが、山道をぐんぐん登っていく。
こんなときに宮﨑あおい似の人が缶のコーンポタージュスープを持って乗ってきて、絶妙な距離感で座るなり「今日も、寒いですね……?」とか視線も合わさずに言ってくれるような展開があろうものなら、この記事ももう少し盛り上がっただろうが、無論、終始ひとりである。

関越交通バス 水上線 車内のライター

ふと、「着くのかな?」と、不安がよぎる。

「宿、閉まってないかな」とか、「このまま雪に埋もれて進めなくなるのではないか」とか、心細い妄想ばかりが進むほどの降雪量だった。そして、それをひとつひとつクリアするたび、少しの疲労感と安心感がやってくる。ひとり旅は、こういった「普段は味わえぬ不安要素」と対面するうちに、日常の疲れを忘れさせてくれるのではないかと思う。

宝川温泉 汪泉閣 外観

そんなことを考えながら、貸し切り状態のバスにひとり揺られて30分。

宝川温泉 汪泉閣 玄関

無事に宝川温泉 汪泉閣に到着!

宝川温泉 汪泉閣 フロント
1 2 3 4 5 6次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。