ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

通話の受発信に特化したカードのような携帯電話「Light Phone」がバージョンアップ! メッセージができるように

クレジットカードのようなデザインで、機能は通話と時刻表示のみというシンプルさで注目を集めた「Light Phone」。クラウドファンディングサイトIndiegogoを経て、昨年5月に一般発売されたミニマリスト向けの2G携帯電話だ。

そのLight Phone の後継機が「2」としてIndiegogoに再び登場した。シンプルなデザインはそのままに、新たにメッセージ機能を追加。今回4Gに対応しているのもポイントだ。

・アラーム機能も

初代と同じく、2もクレジットカードサイズ(91×55ミリメートル)。わずか7.5ミリという薄さで、表面にEインクディスプレイを搭載している。ここにキーパッドを表示し、メッセージや電話番号を入力することができる。

主な機能は通話とメッセージ。そしてマイナーながら、アラームも今回加わった。開発者の「シンプルに生活してほしい」「スマホのような多機能性は不要」との考えから、音楽やラジオ、カメラなどの機能はない。

通信はナノSIMカードの利用で4GとWi-Fiとなる。

・スタンバイ状態で5日間

2のバッテリー容量は500mAhと小さいが、Eインクディスプレイなので電気消耗はそれほどで多くなく、スタンバイ状態で5日間もつとのこと。

連絡がつきさえすればいい。Light Phoneの究極の目的はそこにある。その考えに賛同する方は、Indiegogoで250ドル(約2万7000円)出資すれば入手できる。

ただし、まだ開発段階なので、Light Phone 2の発送は2019年4月とやや先になる。出資期限は今月25日。

Light Phone 2/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。