ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

居酒屋定番・鶏皮せんべいの味を再現した『カルビー 堅あげポテト 炭火焼き鶏皮 うま塩仕立て』は呑んべえのためのポテチ!

19世紀に米国発祥したポテトチップスは、厚切りじゃがいもを低温で直火釜揚げしていたもの。その製法を再現して噛めば噛むほど味が出るポテチとして1993年に誕生したのが「堅あげポテト」。そこからスピンアウトしたのが、酒のつまみ機能に焦点を当てた”堅つま”シリーズ。今回紹介する『カルビー 堅あげポテト 炭火焼き鶏皮 うま塩仕立て』は皮串焼き鳥味かと思いきや、アノ味でした。

口の中を傷だらけにしないためにもゆっくり食べたい”堅あげ”が、炭火の香りとともにジューシーな脂感をみなぎらせて…

パッケージをオープンすると炭火焼の良い香りに包まれる。職人気質のおやっさんがじっくり焼き鳥を焼いていて、店内が白い煙で霞んでいるような、そんな雰囲気。よくよく香りをチェックすると、焼き鳥メインの居酒屋でフライドポテトを頼んだときのような感じでもある。

カルビー『カルビー 堅あげポテト 炭火焼き鶏皮 うま塩仕立て』(70g・実勢価格 税込173円・発売中※セブン&アイ限定)は、歯槽膿漏キラーとして知られる分厚くガリガリに堅いのが特徴の「堅あげポテト」シリーズから、おつまみとしてスピンアウト誕生した「堅つまシリーズ」の一品。

今回は炭火でじっくり焼いた鶏皮串を再現した様子。口の中での角度に気をつけながら味わうと、確かに焼き鳥風味。でももっと似たものがある。そう、鶏皮せんべいである。鶏皮を油で揚げてカリカリに仕上げた、居酒屋の定番お手頃メニュー。

どちらにしても酒に合うのは確か。

旨味もたっぷりあるので、ビールなどの炭酸にも負けないから、呑んべえ体質の人はもうグラスが止まらなくなるのではないか。

程よい脂感と塩気が炭酸系のアルコールを欲する。口の中でガリガリしているとジュワジュワと合わさって、それはもう楽しい限り。日頃の安価なビール類飲料でもグンと美味しく感じるはずだ。

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

『堅あげポテト 白えび味』富山名産品をモチーフにした中部地方限定の幻の味がいつの間にか首都圏でも発売に!?
『堅あげポテト 辛子明太子味』生臭さは寸止め、絶妙な風味に手が止まらなくなること確実!
沖縄産島とうがらしを使用したファミマ限定『カルビー ポテトチップス旨辛島とうがらし味』が旨い!
『堅あげポテト 辛味噌味』は噛むほどにうまい!味噌の後からジュワ~っとくる辛さに、ビールがすすむ!
ホタテを醤油とバターでジュー!磯の香り、する!する!カルビー『ポテトチップス濃く味 ホタテ醤油バター味』

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。