ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Interview】レストラン・カフェの空きがひと目でわかる! 空席状況表示システム「VACAN」が見据える未来

人気のカフェやレストランの前に、ずらりと並ぶ人々。決して物見遊山で、列をなしているわけではない。席を確保するためには、こうするしか方法がないのだ。しかし、人生の貴重な時間を、延々と空席待ちでつぶすのは、あまりにももったいない話。リアルタイムで状況がわかれば、無駄な時を過ごす必要もなくなるだろう。

そんな問題を解決してくれるのが、この「VACAN(バカン)」。店舗の空席や行列の状況をクラウドで一括管理し、デジタルサイネージに表示。混雑時でも効率よく行動できる、期待のシステムだ。

今月から、相鉄ジョイナスと髙島屋横浜店に本格導入された本サービス。開発を手がけたバカンの代表取締役、河野 剛進(かわの たかのぶ)氏に、話を聞いた。

・利用者からも大好評

Q1:まずは、このようなサービスを提供するに至ったきっかけから、お聞かせください。

子どもが生まれたことが、きっかけです。商業施設に行ったとき、ランチ行列で待たされ子どもが大泣きしてしまい、それまでは楽しかったのに、(仕方なく)家に帰ったことがありました。授乳室やトイレへ、すぐに連れて行けるかもわからず、外出が怖くなったこともあります。

会社でも、無駄なトイレの待ち時間がなくなれば、早く帰って子どもと遊べるな、と思いました。リアルタイムの空き状況がわかれば、本当に自分がやりたいことに集中できます。(そのシステムがあれば)よりよい世界に変えていける、と考えるようになりました。

Q2:2月1日から、相鉄ジョイナスと髙島屋横浜店2店舗に、本格導入されました。お客さまからの反響は、いかがなものでしょうか?

昨年年8年から10月までの実証実験を通して、利用者の顧客満足度が非常に高いことは、わかっていました。施設側からも、本サービスに対するポジティブなご意見や、たくさんの期待を頂戴しております。

本格導入後は、現地でお客さまが利用している状況を、(ダイレクトに)見ました。「すごいね!」「これは、便利だね」と話しながら、弊社のデジタルサイネージから、お店を選んでいる姿を拝見して、大変うれしくなりました。

・店舗側と客側、双方のニーズを満たすシステムを開発

Q3:サービス開発にあたって最も苦労したのは、どのようなところでしょうか。

AIやIoT技術も非常に重要ですが、いかにしてお客さまと店舗を幸せにする仕組みを提供できるか、そのことを考え抜くのに苦労しました。

店舗側としては、駐車場の満空表示のように、「満」を出せばいいということではなく、できれば並んでほしい。弊社では、そのニーズを満たすため、特許技術である“Vacant-driven Display Optimization(VDO)”という仕組みを開発しました。リアルでの混雑状況を踏まえて、お客さまと店舗にとって、最も良い状態でデジタルサイネージを表示するサービスです。これを提供することで、課題を解決しました。

Q4:導入先はこれ以降も増やしていかれるのでしょうか?今後の展開について、教えてください。

まずは、日本の都市圏から中心に、導入店舗数を増やしていきます。2020年のオリンピック時には、混雑が至る所で発生すると予想されます。それまでに国内で着実にサービスを広げ、(日本に来た外国人にも)よりよい体験を提供できるようにしたい、と思っています。

グローバル展開も、創業当時より考えております。特にアジアを中心に、混雑が発生している地域から優先的に、サービス展開していく予定です。世界中で、「どこが空いている?」と尋ねたら、「vacan it!」という返事がくるようにしたいですね(笑)。

「VACAN」は現在、相鉄ジョイナス・髙島屋横浜店内11店舗で展開中。施設内におけるデジタルサイネージの設置も、今後増やす予定だ。同社がめざす「人は多いが、混雑はない」という世界の実現も、夢ではないかもしれない。(取材・文 乾 雅美)

VACAN

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy