ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ゲームを遊ぶ = 仕事“になる時代がようやくやってきた|ローリング内沢さん(ゲームライター/編集者)

f:id:kensukesuzuki:20180223163946j:plain

さまざまなシーンで活躍しているビジネスパーソンや著名人に、ファミコンにまつわる思い出から今につながる仕事の哲学や人生観についてうかがっていく本連載「思い出のファミコン – The Human Side –」。

今回ご登場いただくのは、『週刊ファミ通』の編集者を経て現在はフリーのライター・編集者、またゲーム批評家として活動されているローリング内沢さん。業界の黎明期からさまざまなゲームに触れてきて、その後ゲーム情報誌の編集者になるまでの道のりとその仕事の内幕、さらにeスポーツに至るゲームビジネスの軌跡について語っていただいた――

ローリング内沢さん プロフィール

1970年東京都出身。ゲーム情報誌『ファミコン通信』(現『週刊ファミ通』)に入社後、編集者として同誌の名物コーナー「クロスレビュー」にも登場する。2000年よりフリーランスのライター、編集者、ゲーム批評家として活動。クラブイベントDJとしての顔もあり、企画・プロデュースも手がける。

100円玉を積み上げて遊んでいたゲームが自宅でできる感激

―― 元々はアーケードゲーム少年だったそうですね?

そうです。ゲームセンターに入り浸っていて、アーケードゲームは「ブレイクアウト」(ブロックくずし)の頃からプレーしていました。”インベーダー道場”っていう名のゲーセンだったんですけど、今みたいに風営法の年齢制限がなかったから、小学生でも夜まで遊べたんです。

自分でファミコンを買ったのは「スーパーマリオ」が出た1985年。ちょうどファミコンブームが高まってきた時期で、いわゆる抱き合わせで買ったのですが、ファミコン本体と「スーパーマリオ」と「ハイパーオリンピック」とその専用コントローラーのハイパーショット。まあ、抱き合わせにしてはいい組み合わせですよね(笑)

f:id:kensukesuzuki:20180223164028j:plain

―― そんななかで思い出のファミコンソフトというのが……

「ドンキーコング」ですね。あとは「マリオブラザーズ」や「パックマン」とか。それまでゲーセンで100円玉を積み上げて遊んでいたゲームが、家でずーっとタダでできるのは衝撃的かつ画期的なできごとでした。ただ、アーケード版の「ドンキーコング」って全部で4ステージあるのですが、容量の問題で、ファミコン版は2ステージ目の、ベルトコンベアーステージがカットされていたんです。「ええー? なんで3面しかないの!?」とそれはちょっと残念でしたね。

ディスクシステムもバイトでお金を貯めて買ったのですが、「悪魔城ドラキュラ」も思い出深い作品です。あの中世のゴシック調の音楽とグラフィック、今までのファミコンゲームになかった世界観にハマりました。それと、パソコンゲーム時代から気になっていた「スパイvsスパイ」。ファミコンで発売されることを知って、評判が良いことは知っていたから「これはもう発売日にすぐ買わないと絶対に売り切れる!」って、学校から帰ってきて即、家電量販店に走ったのを覚えています。結局並ばず普通に変えたんですけどね……。

「ファミ通」の入社試験で課されたゲームで大失敗するも……

―― その後、ゲーム情報誌『ファミコン通信』(現『週刊ファミ通』、発行:Gzブレイン)で働くようになるわけですが、初めからその仕事に憧れていたのですか?

もともと“何かしらの物を作る人になりたい”という希望はあったんです。何でもよかったんですけど、玩具メーカーなどの製造業とか、建築業とかを考えていました。でも、たくさん遊んできたわりにはゲームを作りたい、というのはあまり考えていなかったですね。

高校を出たあとは専門学校に進み、当時としては珍しい人工知能が学べる学校に通いました。その当時、パソコンやゲームの情報誌をよく読んでいたのですが、たまたま『ファミコン通信』の誌面でアルバイト募集の告知を見つけたんです。ゲームの記事を作るのも“物を作る”という点では一緒だし、原稿を書いて読者を楽しませるのもいいな、と思って応募しました。それが19歳のときです。

アルバイトの面接に行ったら、まずは面接官と面談をしまして、それが終わったら「では、ゲームのテストをします」と。現在はそういうテストはやっていないそうですが、当時は発売されているゲームの中から1本選んでプレーしたんですよ。僕はそこで「グラディウス2」を選びました。当時かなりやり込んでいたし、1機ノーミスで最終面まで行けるくらい腕に自信がありましたから。

f:id:kensukesuzuki:20180223164134j:plain

「これは楽勝だわ」って思ってプレイしたのですが、おそらく緊張からか2ステージで全滅しちゃったんですよ! そうしたら担当者が「じゃあ分かりました」って言って、こんどは編集部側が用意した別のシューティングゲームをやったんですけど、それも本当に30秒くらいで全滅しちゃって……。テスト終了後、「合否は電話で連絡します」って言われて落ち込んでたんですけど、翌日に電話がかかってきて、「内沢くん、君が受かったんで明日から来てください」って言われて入社することに。僕以外に2人応募者がいて、どっちも僕よりゲームが上手くて、クリアしてるゲームの数も多かったにもかかわらず、なぜか僕が選ばれたんです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy