ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

誘惑に負けそう…アンチョビを使ったポテト料理「ヤンソン」

1803013

ヤンソンは、アンチョビ風味のポテトグラタンで、スウェーデンの伝統的なおもてなし料理です。
この料理は“ヤンソンの誘惑“とも言われており、19世紀に実在したと言われる菜食主義のエリク・ヤンソンが、この料理のあまりに美味しそうな見た目と、匂いに勝てず口にいてしまったという説が残っています。
実はシンプルなこの料理、今回は大人数でワイワイ楽しめるレシピと、小皿のレシピを紹介いたします。

<ヤンソンフレスェル>
■材料
・じゃがいも(皮を剥いて、0.5センチに千切り) 約1キロ
・玉ねぎ(スライス) 1個
・北欧のアンチョビ 250グラム
・ヘビークリーム 300ml
・無塩バター 大さじ2
・パン粉 大さじ3
■作り方
1.オーブン225度に予熱しておきます。
2.材料をカットしておきます。
3.アンチョビの缶から身を取り出し、残った液体をヘビークリームと混ぜます。
4.大きな耐熱皿に油を塗り、玉ねぎを敷き詰め、その上にアンチョビを敷き詰め、最後にじゃがいもを敷き詰めまs。
5.3で混ぜたクリームをその上乗せ、パン粉をふりかけ、最後に無塩バターを乗せていきます。
6.オーブンで40分焼いたら出来上がり!

1803014

<ヤンソンフレスェル>
■材料
・じゃがいも 400グラム
・玉ねぎ 2個
・ホイップクリーム 200ml
・北欧のアンチョビ 2缶
・バター 適量
・塩、胡椒 適量
■作り方
1.オーブンを175度に予熱しておきます。
2.玉ねぎとジャガイモは皮をむき、玉ねぎはスライス、ジャガイモは千切りにしておきます。
3.バターで玉ねぎを数分炒め、玉ねぎが透明になったらじゃがいもを入れて更に数分炒めます。
4.クリームと、アンチョビを入れ、塩と胡椒で味付けをし、更に5−8分炒めます。
5.4つの小さい耐熱皿に材料を入れ、パン粉、アンチョビ綺麗におき、オーブンで約45—50分焼いたら出来上がり。

ホクホクなポテトとクリームアンチョビの匂いが漂う、ヤンソンは、寒い夜のディナーにぴったり。今晩にでも作ってみてはいかがでしょうか。

「COOKING THE GLOBE」
http://cookingtheglobe.com/janssons-frestelse-temptation/
「EMMAS KOK」
http://xn--emmaskk-f1a.se/2010/11/janssons-frestelse/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。