ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Huawei、Android 8.0タブレット大小2モデル「MediaPad M5」を発表、筆圧スタイラス付き「MediaPad M5 Pro」も

Huawei は 2 月 25 日、同社の Android タブレットシリーズ「MediaPad」の最新モデル「MediaPad M5」シリーズを発表しました。
MediaPad M5 シリーズではデザインと画面サイズを刷新しており、これまでの MediaPad シリーズの中でも最もパワフルなスペックになり、MediaPad M シリーズの特徴であるオーディオ・ビジュアル機能も着実に進化しています。
MediaPad M5 のラインアップは、8.4 インチモデル、10.8 インチモデル、そして 10.8 インチモデルの Pro バージョンの 3 タイプで、それぞれに Wi-Fi バージョンと LTE 対応バージョンも存在しています。
MediaPad M5 シリーズは 2.5D ガラスパネルをフロントパネルに採用しており、ClariVu 5.0 の映像画質補正機能や Huawei Histen テクノロジと呼ばれる Huawei によって考案された 3D オーディオ機能も導入されました。
これにより、MediaPad M5 シリーズでは Harman / Kardon によってチューンされたステレオスピーカーでハイレゾ音源の再生も可能になっています(8.4 インチモデルは 2 スピーカー、10.8 インチモデルは 4 スピーカー)。
また、10.8 インチモデルの方はタスクバーやファイルマネージャーにより Windows ライクな使い方ができる「Desktop Mode」や別売キーボードを着脱できる Pogo ピンも装備しています。
さらに 10.8 インチの Pro バージョン「MediaPad M5 Pro」には、「HUAWEI M-Pen」と呼ばれる 4,096 段階で筆圧を識別する専用スタイラスに対応しており、これにより Galaxy Note シリーズのような手描き入力が可能です。
他にも Android 8.0 Oreo、Kirin 960 オクタコアプロセッサ、4GB RAM + 32GB / 64GB / 128GB ROM、5,100mAh(8.4) / 7,500mAh(10.8)、Huawei Quick Charge 機能等も搭載しています。
価格はメモリ構成と LTE への対応状況によりますが、最安モデルは €349、最上位モデルは €599 です。
カラバリはシャンパンゴールドとスペースグレイとなっています。
Source : Huawei

■関連記事
OnePlus 6はディスプレイ内蔵型指紋リーダーを採用か?
niconico、ニコニコ動画で会員登録・ログイン無しでの視聴サービスを開始
Google Clipsが海外で販売開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。