ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

特撮リスペクト・バンド科楽特奏隊、ロック・カバー・アルバム第2弾は『怪奇と正義』

特撮リスペクト・バンド科楽特奏隊、ロック・カバー・アルバム第2弾は『怪奇と正義』

科楽特奏隊が昨年リリースしたウルトラマンシリーズの名曲をカバーしたアルバム『ウルトラマン・ザ・ロックス』。

同作に続く第二弾アルバムのタイトルが『怪奇と正義』となることが発表された。

昨年『ウルトラセブン』の放送開始50年を記念して企画された第一弾に続き、今作も本年放送開始50年を迎える特撮テレビドラマ『怪奇大作戦』をメインに、ウルトラマンシリーズで知られる円谷プロダクション制作作品の楽曲を独自のロックアレンジでフィーチャー。

今作では『マイティジャック』『ファイヤーマン』など、ウルトラシリーズの作品以外から通好みの楽曲を多数セレクト。アートワークはメンバーの中村遼が担当し、ジャケットには『怪奇大作戦』の劇中で実際に使用されたタイトルバック画像が取り入れられている。

また同時に新アーティスト写真が公開され、本作をイメージした、バンド史上初のフォーマルなスーツに身を包んだ姿が披露された。

さらに本作にはゲストプレイヤーとして、大の特撮好きとして知られ、各方面でDJ・ベーシストとして活躍する出口博之が参加。またメンバーと同世代の特撮ライターのガイガン山崎がライナーノーツを手掛けた。

なお科楽特奏隊は本作の発売を記念し、インストアイベントを開催。詳細は公式サイトにて順次公開される。

今作の発売にあたり、科楽特奏隊のVocal/Guitar、北斗ヒョウリは篤いコメントを寄せている。こちらもあわせてチェックしよう。

科楽特奏隊(かがくとくそうたい)はオワリカラのタカハシヒョウリ、THE 夏の魔物の大内雷電、フレンズのおかもとえみらが中心となって2012年より活動を開始。特撮を愛し、特撮を奏で、特撮を広めるべく活動する特撮リスペクト・バンドとして、各地で特撮愛を爆発させた入魂のパフォーマンスを披露。音楽ファンや特撮ファンから着実に支持を集めてきた。(前田)

■北斗ヒョウリ コメント
この作品に収録されている作品を、もしかしたらあなたは知らないかもしれない。
「ウルトラマンじゃないの?怪奇大作戦?ファイヤーマン…消防士?」という人もいるかもしれない。
そう、円谷プロのヒーローは、ウルトラマンだけではないのです。
「怪奇と正義」では、そんな「誰もが口ずさめる」とは一味違う魅力に溢れた「名曲」たちをたくさん選曲しました。
「こんなにやりきったアルバム、本当に実現できるとは…」という感動を胸に毎秒感じながら、怪奇大作戦は振り切ったガレージロック、マイティジャックはシンセが映えるニューウェーブ、ブースカは紅一点エミソンヌが歌う脱力フォーク、、科楽特奏隊らしさ全開のアレンジを完成させました。
怪奇の町の上、正義の星の下、誰かのために戦ってきたヒーローたちの歌を全力で届けます。
知ってる人も、知らない人も、みんなで歌おう。

・科楽特奏隊 公式オンライン支部
http://www.katokutai-band.com
・徳間ジャパンコミュニケーションズ
http://www.tkma.co.jp/jpop_top/katokutai-band.html

リリース情報
■怪奇と正義/ 科楽特奏隊 2018年3月28日発売 TKCA-74638 ¥2,200(税抜)
1. 恐怖の町
「怪奇大作戦」より
2. 戦え!アイゼンボーグ
「恐竜大戦争アイゼンボーグ」より
3. 夢のヒーロー
「電光超人グリッドマン」より
4. レッドマン
「レッドマン」より
5. アンドロメロス
「アンドロメロス」より
6. 快獣ブースカ
「快獣ブースカ」より
7. ミラーマンの歌
 「ミラーマン」より
8. ファイヤーマン
「ファイヤーマン」より
9. ULTRA 7
「ウルトラセブン」より
10. TACの歌
 「ウルトラマンA」より
11. マイティジャックの歌
「マイティジャック」より

©円谷プロ

特撮リスペクト・バンド科楽特奏隊、ロック・カバー・アルバム第2弾は『怪奇と正義』
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。