ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どうしても、プレゼンで「笑い」が必要なときは…

これまで3000回以上のMCを経験されてきた丸山久美子さんに、「上手にあがりを隠して、人前で堂々と話す・ふるまう方法」について伺う連載の第5回目。今回のテーマは「人前で話すとき“笑い”を取るには?」です。f:id:k_kushida:20180226211958j:plain

丸山久美子(まるやま・くみこ)

まるっと空気を掴むMC、展示会専門接客アドバイザー

1982年、和歌山県生まれ。「人前で話せるようになりたい!」という憧れを叶えるべく、20歳で展示会プレゼンターとしてデビューするも、本番中にてが震えてマイクを落とすなど、さまざまな大失敗を繰り返す。「あがりを克服する方法」や「緊張をなくす方法」を模索するが、改善どころか逆にあがりに拍車がかかり、体調にまで悪影響が。しかし、憧れを捨てきれず、「あがり」や「緊張」と向き合い独自のメソッドを開発。再スタートを図る。以来、展示会やイベントへ3,000回以上出演し、リピート率90%を超える人気MCに成長。2015年から講師活動を開始。「人前で話せるようになりたい!」と願う全国の人々へ、「あり方とやり方」の両面から具体的なノウハウを提供している。

Twitter:Kumiko Maruyama

「笑いをとりたい!」

そう思って、スピーチの内容を考えた事がある。または、ちょうどこれから考えようと思っていた、という皆さん。今回の記事は必読です。

こんにちは!

まるっと空気を掴むMC・丸山久美子です。

「どうすれば笑いをとる事ができますか!?」私のセミナーは笑いが多いからか、よくこう聞かれます。結論から言うと「笑いをとる事は、最も難しい」です。頭が真っ白にならず堂々と話すより、笑いをとる方がずっとずっと難しいものです。ですから、まだ、人前で頭が真っ白になる段階の人へは、笑いのとり方は教えていません。

しかし、前回のコラムを読んだ皆さんは、すでに頭が真っ白になる件はクリアできた事でしょう。それを前提に、今回は笑いをテーマに筆を進めますね。

笑いは最も難しい

最初にお伝えすべきは「緊張しいな私たちにとって、笑いは最も難しい」という事です。むやみに手を出すと100%失敗します。なぜなら、笑いは、誰でもできるほど簡単なものではないからです。

MCとして、お笑い芸人さんとご一緒させていただく度に痛感します。お笑い芸人さんは、本番のみならず、楽屋でも常にお笑い中心の思考回路で過ごしていらっしゃいます。今日はどんな客層か?どうしたら面白いか?打合せでは情報収集を欠かしませんし、本番直前までネタの確認をしています。まさに「プロ」そのもの。よく考えてみればそうですよね。「お笑い芸人」という1つの職業が成り立つほど、プロの技術が求められるのが笑いです。

笑いにチャレンジする際には、頭が真っ白にならない段階まで、自分をレベルアップさせておきましょう。

本当に笑いが必要?

確かに、笑いをとれた方が場の空気を和らげる事ができますし、得策に感じます。しかし、その笑いは本当に必要なのでしょうか?大きなリスクを背負ってまで笑いを入れるべきなのでしょうか?

そもそも私たちは、伝えたい事があるから、人前で話す事へのチャレンジを決意したはずです。笑いをとるためのチャレンジではないはずです。しかし、予定していた部分で笑いがとれなくて自信を失ったり、自分にはセンスが無いのだと落ち込む人が大勢います。笑いに意識が向いてしまい、伝えたい内容を話せたかどうかは、二の次になってしまう人も少なくないのです。

笑いを入れたくなったら、一度立ち止まって考えてみましょう。伝えたい内容に対して、笑いは本当に必要なのか。わざわざ最難関のリスクを背負う価値があるのか。冷静に検討すると、話したい内容を見直す事もでき、精度も高まります。むやみやたらに使えるほど、笑いは簡単なものではありません。だからこそ、本当に必要か熟考する価値があるのです。

笑いが必要になったら

検討した上で、笑いが必要と判断したら、1人で考えず、大いにマネをさせてもらいましょう!仮に1人で笑いのネタを思いついたとしても、成功するか検証しないまま本番に挑むのは危険です。検証せず本番で試すなんて、ある意味ギャンブル!ただでさえ人前で緊張しながらチャレンジする自分へ、わざわざ勝率不明のギャンブルまでさせるなんて、可哀想すぎます…。

だからこそ、マネをさせてもらうのです。素人の自分が考えても、時間もかかる上にギャンブルになってしまう…1人で全て頑張る必要はありません。「この人、面白い!」と感じる人のネタを、マネさせてもらえば良いのです。

会える人をお手本に

マネをする対象者は、実際に会える人から選ぶ事をオススメします。

よく、テレビを観て、芸人さんやタレントのマネをしようと考える人がいますが、これも、緊張しいな私たちには危険です。テレビは、間が調整されていたり、セリフがテロップ化されるなど、プロによる編集が施されています。しかし、私たちが目指す本番では、編集をする事ができません。ですから、テレビを参考にするのではなく、実際に会って「この人のマネをしたい!」と思える人を選ぶ事が、笑い成功への近道!なのです。

目の前で、リアルな間や言い回しを体感させてもらいましょう。そして、ぜひ質問してみてください。どうやって笑いを生み出しているのか?失敗した時はどうしているのか?など、会える人であれば、直接教えてもらう事ができます。笑いを成功させるために、勇気を出して聞いてみましょう。

ちなみに、私の笑いのお手本は「伊東泰司さん」です。笑いのとり方をレクチャーしていただいています。実際会える人から教えてもらう様になってから、確実に、格段に笑いがとれるようになりました。皆さんもぜひ、会える人の中から「マネしたい!」と思える人を探してみてください。

第1回記事はこちら

第2回記事はこちら

第3回記事はこちら

第4回記事はこちら

【参考図書】

f:id:k_kushida:20180131125958j:plain

『上手にあがりを隠して人前で堂々と話す法』

著者:丸山久美子

出版社:同文舘出版

関連記事リンク(外部サイト)

意外と知られていない「文章の書き方」2つの基本ポイント――山口拓朗の『そもそも文章ってどう書けばいいんですか?』
残業しない「サッカー的」チーム、残業だらけな「野球的」チーム
悪くないのに「すぐ謝ってしまう人」をやめるための、3つの方法

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy