ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

心拍数に合わせたアシストをしてくれるオシャレな電動スマートバイク「Nireeka」

あらゆるものが「スマート化」しつつある今日、自転車も漏れなくこの流れに乗り始めているようだ。

昔からアシスト機能のついた電動自転車は販売されていたが、今回紹介する「Nireeka」は、それらよりもう少し頭のよい自転車となっている。

・最大スピード32km/h、走行距離80km

Nireekaは、自動走行モードと通常の自転車モードを切り替えて使えるハイブリッド自転車だ。自動走行モードだと、その走行スピードは最大32km/h、最大走行距離は80km(ともに上位モデルの場合)だ。

スマホ上で現在地の天気、速度計、バッテリー残量をリアルタイムで確認できるのと、本体にUSBポートとホルダーが搭載されているので、走行中に充電しながら走行情報を確認することができる。

・心拍数データに合わせた3段階の自動アシスト調整

通常の自転車モードのときには、なんと心拍数データに合わせてアシストのレベルを自動で調整してくれる。アップルウォッチなどのセンサーで測った心拍数がスマホのアプリで同期され、このデータからユーザーがどれだけ苦労しているのかを判断してくれるのだ。

本体フレームはカーボン素材なので重さも抑えられており、しっかりとサスペンションも仕込まれているので、自転車としてのクオリティもまずまずな印象。タイヤも含め、見た目はマウンテンバイクのようだが、街利用でもなんら違和感のないカッコいいデザインだ。

モデルはStreet、Street+、homieの3種類が用意されており、1番安いStreetは今ならIndiegogoにて799ドル(約8万5060円)から出資注文できる。発送は2018年6月頃を予定している。

道路交通法上、日本での利用に関しては確認が必要だが、ぜひ乗ってみたいと思う人は多いのでは?

執筆:Doga

Nireeka/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。