ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ちょっとくたびれた日産 ピノと過ごす時間が、私たちに元気をくれるんです

車は単なる移動の道具ではなく、大切な人たちとの時間や自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしてくれるもの。車の数だけ、車を囲むオーナーのドラマも存在する。この連載では、そんなオーナーたちが過ごす愛車との時間をご紹介。あなたは、どんなクルマと、どんな時間を?

▲まだまだお元気な梶原さん夫婦。ふたりには楽しみにしていることがあるという

▲まだまだお元気な梶原さん夫婦。ふたりには楽しみにしていることがあるという

様々な障害を持つ人々の表現活動をサポートする日々

83歳になった梶原義夫さんも、そして76歳になった妻・祐子さんも、このところ運転免許返納のタイミングについて実は考え始めている。

でもまだまだ、このちょっとくたびれた日産 ピノを手放すわけにはいかないという。

なぜならば、やるべきことがあるからだ。

梶原夫妻が以前から熱心に取り組んでいるのが、様々な障害のある人たち自身が行う芸術活動のサポート。

約30年前、祐子さんが知り合ったKさんという若い方がいる。彼が弾くピアノの腕前とド級の表現力に度肝を抜かれて以来、障害のある人々によるコンサート「レインボーコンサート」の実現に奔走した。

近隣の小さな寄り合い所の2階で約20年前に始まったそれは、いつしか400人を収容する市の文化会館小ホールへと移り、そして3年目からは収容人数1200人となる大ホールでの開催へと変わっていった。

今では彼らはかけがえのない存在となり、まるでふたりの本当の息子や娘のように愛情を注いでいるという。

▲嬉しそうな表情で「レインボーコンサート」の様子を収めた写真を見せてくれた

▲嬉しそうな表情で「レインボーコンサート」の様子を収めた写真を見せてくれた

小さなピノの車内はふたりの元気を生み出す場

夫婦ともに高齢となった今、大ホールで15年間続けられたレインボーコンサートは、近所のお寺で行うミニコンサートへと形を変えて、年に2回、お彼岸の時期に開催されている。

その打ち合わせや各種の送迎、そして他にもサポートしている様々な活動のため、どうしても運転免許と、そしてこの日産 ピノが必要なのだという。

もちろんそれだけではない。夫婦揃って出掛けるときには、ピノの中はふたりの大切なコミュニケーションの場となる。

話題になることが多いのは、やっぱり「レインボーコンサート」のこと。

コンサートのときに、彼らが楽しそうにしていたこと思い出して会話をすると、夫婦揃って自然と笑顔になるようだ。

「彼らの笑顔が私たちの元気の秘訣ですね」と祐子さんは嬉しそうに話してくれた。

ちょっと狭いピノの車内は、ゆっくりと落ち着いて思い出話をするふたりにとって、ちょうど良い広さなのかもしれない。

だから、まだまだピノを廃車にすることはできない。そしてちなみに言えば、免許証の色だってまだまだゴールドだ。

近い将来、免許を返納しなければならないことは自分でもわかっている。

でも、今現在のふたりの元気の源であると言っても過言ではない「彼らの笑顔」を見続けるために、あと数年は頑張ってみるつもりだという。

▲障害を持つひとたちの笑顔へとふたりを運んでくれるピノもまた、かけがえのない存在なのだ

▲障害を持つ人たちの笑顔へとふたりを運んでくれるピノもまた、かけがえのない存在なのだ

どんなクルマと、どんな時間を?

日産 ピノ(初代)と子供たちとの楽しい時間を。

スズキからOEM供給を受けて販売する軽乗用車。無駄を省いたシンプルな装備内容で、ほとんどのグレードで100万円を切る低価格を実現した。低燃費性能も魅力の一つ。グリルと一体のフロントバンパーには、日産小型車のアイデンティティである四角い穴が並んだ意匠を採用した。

▲小さく小回りが利くピノは、運転がしやすく気に入っているという

▲小さく小回りが利くピノは、運転がしやすく気に入っているという

▲愛車で出掛けるきっかけはいつも……

▲愛車で出掛けるきっかけはいつも……

【関連リンク】

この車を探して見る 「どんなクルマと、どんな時間を。」過去の記事はこちらtext/伊達軍曹

photo/稲葉 真

関連記事リンク(外部サイト)

スズキ スペーシア/スペーシアカスタムのカタログはこちら
この車を探して見る
「どんなクルマと、どんな時間を。」過去の記事はこちら

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy