ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『3・6・5酒場渋谷本店』オープン記念で先着1000名限定に鉄鍋餃子1皿無料サービス実施中!

東京・渋谷に、なんと生ビール1杯190円と破格の居酒屋『3・6・5酒場』がオープンした。アツアツの鉄鍋餃子と毎日20食限定の鉄板焼きそばが自慢の大衆居酒屋で、コンセプトは「365日毎日行きたくなる」居酒屋だという。昭和レトロなイメージで、落ち着く雰囲気の「3・6・5酒場」に、さっそく突撃取材を敢行した!

 

まさに「毎日がエブリデイ」の大衆居酒屋なのだ!

東京・渋谷のタワーレコード手前にオープンした『3・6・5酒場渋谷本店』(渋谷区神南2-20-11 皆川ビル2F・営業時間 12:00~24:00(L.Oは23:20))は、株式会社コロワイドMD(横浜市西区)が新業態として展開する大衆居酒屋チェーン。店名の「3・6・5」は365日の意味で、毎日訪れたくなる大衆居酒屋を目指してネーミングされたという。

名物のアツアツ「鉄鍋餃子」は1人前(10個)450円から

「3・6・5酒場」の名物は、丸い鉄鍋に円状に敷き詰められたアツアツの「鉄鍋餃子」。カリッとした食感の皮に、キャベツやニラ、豚肉などを細かく刻んだ餡が包まれたジューシーな味わいの餃子だ。

もうひとつの名物「ぼっかけ焼きそば」は590円

名物は「鉄鍋餃子」だけではない。もうひとつの名物は「鉄板焼きそば」で、中でも「ぼっかけ焼きそば」は神戸のご当地焼きそばとして有名な“ぼっかけ”(牛スジとコンニャクの煮込み)をかけてある商品。牛スジの旨味とソースの味わいに加え、ネギの風味が麺に絡んで、思わず何度でも食べたくなる飽きのこない味だ。

生ビールは、なんと190円! 絶対に値上げしないという

鉄鍋餃子と鉄板焼そばという“両エース”を頼んだら、これはもうビールは欠かせない。なんと「3・6・5酒場」では、生ビールを1杯190円で飲めるというから驚きだ。これは確かに毎日でも訪れたくなる大衆居酒屋というのも頷ける。

 

そろそろアルコールも回ってきて、取材を忘れて「3・6・5酒場」の料理を楽しむことにしよう!

鶏のモモとムネ両方が楽しめる「あいもり唐揚げ」は290円(4個)から

定番の「にらたま」は390円

自家製の酢味噌にこだわった「マグロぬた」(490円)はビールのつまみにピッタリだ!

けっこう満足できるくらい飲んで食べても、この「3・6・5酒場」の客単価は1,700円ほどだとか。サラリーマンのおとうさんなら、ランチを少し切り詰めれば、毎日でも通えるのではないだろうか。

 

と、そこへコロワイドMDの総括部長・橋澤順さんがいらっしゃったので、テーブルに招いてお話を伺った。

 

“安い・旨い・早い”をモットーに若者を取り込む「ネオ大衆酒場」

コロワイドMDの橋澤順さん

店の雰囲気は昭和テーストで、店内には提灯が吊り下げられている。これは中年のサラリーマンをターゲットにした大衆居酒屋なのだろうと記者は思っていた。ところが橋澤さんは「いえ、渋谷という場所柄や1,700円ほどの客単価で、ターゲットは20代半ば~30代半ばの若い人をターゲットに店舗展開していく予定です」と言う。今の若い人は大衆酒場に抵抗がなく、むしろ昭和レトロに興味を示す人が多いのだそうだ。

名物の2品については「餃子と焼きそばって、みんな絶対に好きなラインナップじゃないですか(笑)。特に今は“鉄鍋餃子”が流行なので、これを名物にしようと考えました」と説明してくれた。

 

なくなり次第終了! 餃子1皿無料と生ビール1杯19円サービス!

なんとオープン記念限定のキャンペーンとして、1000名限定鉄鍋餃子が1皿(10個)無料(1組2名に1皿まで)と、1000杯限定生ビール1杯19円のサービスを実施中。これは赤字覚悟の出血大サービスだ! 今すぐ渋谷に急げ!

 

また、同じくオープン記念キャンペーンとして、クラウドファンディングサイト「Makuake」を利用したサービスを展開中。1年間 鉄鍋餃子・生ビール食べ放題・飲み放題の定額会員になれるプロジェクトで、投資金額に応じてさまざまなサービスが用意されているので、これも要チェックだ。なお、申し込みは2018年2月いっぱいなので、これも早めにチェックしよう。

「3・6・5酒場」の今後の展開については、まず3月末までに渋谷にもう1店舗をオープン。その後、業容を見ながら10~15店舗ほどの展開を予定しているという。おもに首都圏の大きなターミナル駅前の繁華街などを中心に出店を計画しており、新宿や池袋、横浜、大宮、柏などが候補となっているようだ。近くにオープンしたら、ぜひ毎日立ち寄りたくなる大衆居酒屋だ。

 

関連記事リンク(外部サイト)

産地で搾ったストレート混濁果汁が大いなる魅力! 限定出荷 タカラCANチューハイ『直搾り』から新たに2つのフレーバー
至近距離でも自信が持てる!毛穴対策に特化した「アンサージュ」から豪華でお得な250セット限定『クリスマスプレミアムコフレ』が登場!
薄くて快適な『Bodymate<ボディーメイト>ヒザ』は日常でもライトスポーツ時も「安心できる」サポート力
『NIPPON PREMIUM~ニッポンプレミアム~長野県産巨峰のチューハイ』のパッケージに、長野県PRキャラ「アルクマ」が登場!
『ハッチ meets マヌカコスメ』コラボ限定シートマスクを対象商品購入者全員にプレゼント!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。