ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビジネスの成功要因で注目される「GRIT」――ベリーペイントアーティストの都愛ともかさんに、その秘訣を聞いてみた!

ビジネスの成功要因に、努力と才能がまずあげられますが、今、注目されているのは“GRIT(グリット)”です。一つの物事に継続して向き合い、完遂する力を意味しますが、挫折せずにやり抜く力を保持するには、一体どうすればいいのでしょうか?

2008年から、当時、日本では認知度の低かった妊婦さんのお腹に絵を描く「ベリーペイント」を始め、普及活動にも力を注ぎ続け活躍する、アーティストの都愛ともかさんに、“GRIT”の秘訣を聞いてみました。f:id:k_kushida:20180216224945j:plain

都愛ともか(とめ ともか)

1987年生まれ。山梨県都留市出身。女子美術大学短期大学部 絵画コース卒業。在学中にフェイスペイントに出合い、NPO法人日本フェイスペイント協会で講師・アーティストとして活動。卒業後、ボディアートの世界大会に数回出場し、特別賞を受賞。画家のアシスタント・似顔絵講師などを経て、ベリーペイントの会社を設立し独立。現在、一般社団法人日本ベリーペイント協会 代表理事として活躍中。

・一般社団法人日本ベリーペイント協会http://belly-paint.jp/) ベリーペイントの施術、普及・啓発活動、アーティスト育成、各種イベント・セミナーなどの企画・開催・運営を行う一般社団法人。

えがき屋 都愛ともか HP(http://tometomoka.com/)

ベリーティペイントを仕事にすると決めた原動力は?

――日本では、認知度が低かったベリーペイントを知ったきっかけは、何ですか?

大学で求人していた、フェイスペイントのアルバイトを始めたことがきっかけでした。卒業後、アルバイト先の研修で、2008年にアメリカのボディアート大会を見学したんですが、そこでやっていた「ベリーペイント」にとても魅力を感じ、「日本で自分もやってみよう!」と思ったのです。

――実際に日本でやってみて、反応はいかがでしたか?

妊婦さんたちに大変好評でした! お客様は、10年間の不妊治療の末に待望の赤ちゃんを授かった方、流産を経験された方など、いろいろな背景や思いを抱えています。「一人目を流産したから、その子が天使になって見ている絵を描いてほしい」と言ってきた方に、その思いや希望を丁寧にヒアリングしてペイントしたら、とても喜んでもらえました。

また、中には「すてきなお仕事ですね」との感想を下さる方や、別のお客様をご紹介くださる方、ペイント後に「私も絵を描くのが好きなので習いたい」と、生徒として習いに来てくださる方もいました。目の前で、お客様が笑顔なるのが見られるのがうれしくて、やりがいを感じてどんどん夢中になっていきました。f:id:k_kushida:20180216225309j:plain

デザイン案を持ち寄って依頼するお客様もいて、これは「“四季ちゃん”の名前にちなんで、春夏秋冬を描いてほしい」との希望で描いたペイントの写真。ベリーペイントには、お客様のいろんな思いが詰まっています。

――妊婦さんの笑顔が原動力となり、ベリーペイントが都愛さんの仕事になっていったのですね。日本での普及活動も、自分の仕事にしようと思ったのはなぜですか?

好きな「絵を描く」ことでニッチな分野だったことと、「アメリカでの経験を生かして、アーティストが仕事として成り立つ方法をつくって広めたい」という使命感を持ったからです。子どもの頃から、「絵を描く」仕事をするのが夢で、始めは漫画家を目指していました。でも、漫画家はライバルが多く、売れっ子になるまでの道のりが厳しいものです。その点でベリーペイントは、これから広める事に可能性を感じました。

また、アメリカのボディアートの世界大会を見学して、ボディアーティストと絵の具メーカー、イベント主催者等が連携し、アーティストが仕事として成立するモデルを目の当たりにしました。日本では芸術分野は「好きなことをしているだけで、稼げない」と言われることが多いですが、「仕組みをつくれば日本でも、アーティストを仕事として成立させられるのでは?」と考えて、自分の仕事にしていこうと思いました。

2週間で法人設立!――「まずは、一歩踏み出して……」から始まった独立への道

――試行錯誤の上、“ベリーペイント”を軸に、活動していくことを決断したのですね。2013年には、一般社団法人日本ベリーペイント協会を設立しましたが、法人設立のきっかけは何でしたか?

Webの集客ノウハウを学ぼうと、2012年に入った起業塾の先生に「法人にしたらどうか」とすすめられたのがきっかけでした。その頃は、アルバイト先で仕事の依頼を受けていましたが、「自分で仕事を管理して、自分で売り込んでいきたい」と考え始めていました。先生は「アーティスト活動と並行して『講師・生徒育成事業』をすれば、ベリーペイントを習いたい人も支援できて、いいのでは?」とも提案をしてくれました。

――コンサルタントの先生のアドバイスを聞いて、どう思いましたか?

それまでは「アーティスト活動を、仕事にしよう」とぐらいにしか考えていませんでしたが、「会社をつくり、ブランディングを図ったうえで育成事業をすれば、習いたい人にもメリットがあるのでは?」と思いました。そこで、まずは「会社をつくる」ことを目標と決め、2週間後には法人を設立しました。

――都愛さんはゆったりとした方に見えますが、2週間後に法人設立とは、かなりスピーディーな行動ですね!

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy