ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googtter(ググッター):リアルタイムなトレンド情報が得られるAndroidアプリ

今回ご紹介しますAndroidアプリは、リアルタイムなトレンド情報が得られる『Googtter(ググッター)』です。『Googtter』は、『Google』で最も検索されているキーワード(Google急上昇キーワード)と、『Twitter』で最もつぶやかれているキーワードをランキング形式で表示、各キーワードについて様々な方法で検索をかけられるアプリです。

『Googtter』の特徴はキーワードをタップすると表示されるダイアログから関連情報を素早く検索できるところです。具体的には「Google検索」、「Twitter検索」、「Wikipedia検索」、「YouTube動画検索」、「画像検索」、「ニュース検索」、「地図検索」をアプリから実行できます。情報はアプリ内に表示され、端末の戻るボタンを押すとダイアログ画面に戻れるので、サービスの切替は簡単。情報はウェブブラウザで表示することも可能。

使用例みたいなものですが、例えば、『Google』のキーワードの中に元めざましテレビお天気お姉さんの「吉田恵」さんが表示されていました。

なんで話題になってるのかな? ニュースに情報が出てるかも→「ニュースを検索」をタップ。そしたら離婚を発表なさっていたという。『Twitter』の反応はどうかな?→「Twitterを検索」、ご結婚はいつだったかな?→「Wikipediaを検索」、35歳か、今どんな顔してるんだろう→「画像を検索」をタップ。こんな内容の検索をアプリを切り替えたりすることなく、『Googtter』アプリだけで行うことができます(追記・例として挙げる話題としてふさわしくなかったかも)。

『Google』、『Twitter』からの情報だけではなく、任意のキーワードで各種の検索をかけることができるので、情報の検索ツールとしても活用できると思います。また、アプリにはウィジェットが搭載されており、ランキングをホーム画面に表示することもできます。

アプリは無料で、Android 2.1以上を搭載した端末であれば利用できます。ちなみに、予想通りだと思いますが、サービス名はGoogle+Twitterということで「Googtter」としたそうです。分かりやすいですね。
Googttter』(Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S II GT-I9100G(TI OMAP 4版)のAndroid 4.0アップグレードが開始されたらしい
Google、Google TV用YouTubeアプリをアップデート、ユーザページのデザインを刷新、YouTubeチャンネルの検索機能、動画のレコメンド機能を追加、Google+を統合
NECカシオのNTTドコモ向け端末「N-07D」がWi-Fi Allianceの認証機器リストに登場

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。