ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『グレイテスト・ショーマン』主題歌「ディス・イズ・ミー」はこうして生まれた 舞台裏映像公開

『グレイテスト・ショーマン』主題歌「ディス・イズ・ミー」はこうして生まれた 舞台裏映像公開

 2018年公開作品でNo.1の記録となる大ヒットを記録しているヒュー・ジャックマン主演の映画『グレイテスト・ショーマン』のビハインド・ストーリー映像が公開された。

ビハインド・ストーリー映像

 本作の主題歌「ディス・イズ・ミー」は、公開前から「予告の歌を聴くだけで泣ける」などと話題になっていたが、公開されると更にその声は大きくなり、映画サイトへのレビュー書き込みや、SNSに多数の声が寄せられている。今回公開された映像は、映画製作が決定していない段階で、髭が生えた女性レティを演じるキアラ・セトルが初めて生歌を披露するワークショップ・セッションを捉えたものだ。「Hands on a Hardbody(原題)」でブロードウェイに旋風を巻き起こし、【トニー賞】にノミネートされるなど充分なキャリアを持つセトルだが、「歌いたくないと言ったの。この歌の中のストーリーを語るためには自分が抱える恐れに直面しないといけないとわかっていたから」とレティのように自信の無い自分を受け入れて肯定するまでには相当な覚悟が必要だったと明かす。

 しかしマイケル・グレイシー監督は「キアラはマイクの前に出ようとしなかった。僕は言い続けたよ。『リングに出てこないとダメだ。堂々とありのままでいようと歌っているんだから』とね」とキアラを説得したことを振り返る。そんな説得に応じてマイクの前に立ったキアラだが「歌いながらあまりに怖くなって、思わずヒューの手をつかんだ。気づいたら歌い終わってて割れるような喝采を浴びてた」と当時を振り返る。ヒューも当時のことを「僕にとって、今までのどの経験よりも感動的な経験だった」と述懐している。

 さらにヒューは「キアラがあまりにも素晴らしいので、誰か他の人があの曲を歌えるとは到底思えない。彼女が正直にレティの感情を表現しているから。『ディス・イズ・ミー』は本当の自分を堂々と受け入れることを歌った美しい歌で、この曲を聴いた人は、みんな共感してしまうんだよ」と世界中の人を共感させるパワーをキアラが歌に込めていることを明かす。世界中でこの曲から勇気をもらったという声が届いているようで、日本でも多くの人の人生の応援歌になることだろう。映画『グレイテスト・ショーマン』は大ヒット公開中。

◎映画『グレイテスト・ショーマン』ビハインド・ストーリー映像
https://youtu.be/42V1gq-ln6k

◎公開情報
『グレイテスト・ショーマン』
現在公開中
監督:マイケル・グレイシー
出演:ヒュー・ジャックマン、ミシェル・ウィリアムズ、ザック・エフロンほか
配給:20世紀フォックス映画
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

関連記事リンク(外部サイト)

『グレイテスト・ショーマン』無名音楽家からオスカー獲得に大手、世界でヒット中の劇中音楽に注目
ヒュー・ジャックマン&キアラ・セトル記者会見、話題曲「ディス・イズ・ミー」の影響力に涙
『グレイテスト・ショーマン』伝説のシンガー、ジェニー・リンドの熱唱シーン公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。