ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トヨタ、電気自動車時代に向けて本格始動!モーター用に世界初の省ネオジム耐熱磁石を開発

電気自動車の時代が、いよいよ本格的にやってくる。その予兆を真っ先に読み取ったのが、アジア最大手の自動車メーカー、トヨタ。目標とする“2030年電気自動車500万台販売”計画に向けて、世界初の「省ネオジム耐熱磁石」を発表した。

・ネオジムの使用量を従来の半分に削減

開発の背景にあるのは、2025年から大幅に需要が予測されるネオジム。自動車のモーターに使用する磁石は、高温でも磁力を高く保たなければならない。当然そこには、レアアースの存在が必要不可欠となる。

従来はネオジム磁石のために、テルビウムやディスプロシウムを添加して磁力を維持してきたが、前述の2元素は希少価値が高い上、高額というデメリットがある。ただでさえその状況なのに、各メーカーがこぞって電気自動車製造に乗り出せば、材料不足になること必至だ。

そこで同社が目をつけたのが、レアアースの中でも安価なランタンとセリウムだ。これらを使うことで、ネオジムの使用量を半分に削減。高価で希少価値の高い、テルビウムやジスプロシウムを使わずに、高い耐熱性を維持することに成功した。

・多彩な製品に展開可能

同社には、この耐熱磁石を自動車のみならず、ロボットなどさまざまな製品に採用したい、という考えがある。技術が浸透すれば、貴重なレアアースの供給バランスを、一定に保つこともできるだろう。商品化に向けて、まだまだ開発は続く模様。進化に期待したい。

souce by industryweek.com

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy