ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マニュアル撮影派に! 写真アプリ「Warmlight」は簡単操作で細部にこだわれる

スマホのカメラアプリはたくさんあるが、その多くが難しい設定をお任せできるオート撮影を売りにしている。

しかし、そうではなく、あえてぼかしたり、スピード感を出したりとマニュアル操作で表現したい人もいるだろう。「Warmlight」はそうしたこだわり派のためのiOSカメラアプリだ。

・ピントの手動調整も

Warmlightはスマホを一眼レフに変えるアプリ。ISO感度や露出、シャッタースピード、ホワイトバランス、フォーカスなどを調整できる。

これらをうまく使うことで、動く被写体をスピード感が出るようにとらえたり、あえてぼかしたりと、オートにはない雰囲気のものを撮ることができる。ピントを手動で調整することも可能だ。

また、何気に便利そうなのが、撮影画面にラインを表示してそれがまっすぐになるようにすると水平撮影ができる機能。撮った後に「あれ、傾いている!?」なんてことがなくなる。

・ライブでフィルター

一方で、Warmlightでは撮影だけでなく写真の編集も楽しめる。撮影時にライブでフィルターをかけることができ、撮影後にさらにフィルターをかけることも。

その他、オーバーレイ機能で雰囲気をがらりと変える、というのもありだ。彩度や陰影、ハイライトなども調整すれば、オリジナルとはまた違った味わいのあるものに仕上げられる。

アプリのダウンロードは無料なので、普通に撮影するだけではつまらないという人、写真をグレードアップしたい人はチェックしてみてはいかが。

Warmlight

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy