ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バブル期を象徴する1台、絶滅危惧車のレパードJ.フェリーはまさにゴージャス!

▲レパードの3代目となるレパードJフェリー。先代まではクーペタイプであったが、この代よりセダンタイプへと姿を変えた

▲レパードの3代目となるレパードJ.フェリー。先代まではクーペタイプであったが、この代よりセダンタイプへと姿を変えた

当時の高級志向が盛り込まれたパーソナルセダン

日産 レパードJ.フェリーは、そのネーミングから「J.フェリー」さんという人の存在を感じさせる。

デザイナー? 開発者? と思いを巡らせるだろうが、実はJours feries(祝日を意味するフランス語)から生まれた造語だという。

要は祝日を過ごすような“ゆとり”ある車を思い描いたのだろう。

従来、レパードは“最高級クーペ”をうたい、トヨタ ソアラと熾烈な販売競争を続けていた。

加山雄三のイメージが強い初代、テレビドラマシリーズ「あぶない刑事」で登場した2代目……だが、3代目は強烈なイメージに乏しい。

レパードは2代目から3代目へとモデルチェンジする際に、従来の「最高級クーペ」から「高級パーソナルセダン」へと位置づけを変更、車名もレパードJ.フェリーへと変えた。

レパードJ.フェリーの開発時期はバブル期真っ只中とあり、日本の高級志向が随所にあらわれている。

大柄なボディなのに、デザイン優先ゆえにリアシートは思いのほか窮屈だし、トランクルームは小さい。

センターコンソールまわりは昨今の欧州車がやっているように、うっすらと夜間に照らされ上質感を演出している。

スイッチ類の操作感にもこだわり、踏み込み式のパーキングブレーキは無音。ラジオはチャンネルを変えると、リアスピーカーからフェードインするこだわりも。

90年代はじめのころには珍しかった、照明付きのバニティミラーも備えていたし、国産車としては初めて助手席エアバッグを標準装備した他、環境に優しい冷媒を使った「オゾンセーフエアコン」も装備していた。

筆者が特に気に入っているのは、イタリアの高級家具メーカー「ポルトローナフラウ」の本革シートをオプションで選べたことだ。

車両が300万円台前半~400万円台後半、という価格設定だったにも関わらず、このオプションは80万円というゴージャスさ。バブル期の緩い懐具合がうかがえる。

▲見た目のデザインを優先させたため、大柄なボディなのにリアシートは意外と窮屈

▲見た目のデザインを優先させたため、大柄なボディなのにリアシートは意外と窮屈

▲上質で落ち着いた空間を目指してデザインされたセンターコンソールまわり。インテリアは運転する人だけではなく、助手席に座る人の快適性もしっかりと考えられていた

▲上質で落ち着いた空間を目指してデザインされたセンターコンソールまわり。インテリアは運転する人だけではなく、助手席に座る人の快適性もしっかりと考えられていた

▲こちらが「ポルトローナフラウ」の本革シート。非常に高価なオプションであったため、装着されている物件は少ない

▲こちらが「ポルトローナフラウ」の本革シート。非常に高価なオプションであったため、装着されている物件は少ない

日本のバブル期を映している1台

ただ、この“のっぺり”したデザイン、日本ではさほど受け入れられなかった。同時期のブルーバードに似ていた、というのも不人気の理由のひとつかもしれない。

北米では「インフィニティJ30」として月間3000台程度売れるほどの人気を博したが、日本では4年間で7300台ほどしか売れなかった。

そんなレパードJ.フェリー、もう二度と登場しないほどデザイン重視で、バブル期に考えられたゴージャス感がてんこ盛り。

現役バリバリというわけではないが、ノスタルジーに浸たりながら日本のバブル期を知るに最適な1台である。そういう意味では、お手頃価格で手にできるヒストリックカーだろう。

売れなかっただけあって、生存している中古車もどんどん減っている。今のうちにぜひ、掲載物件をチェックされたい!

▲日本ではあまり人気がなかったレパードJ.フェリー。2018年2月14日現在の掲載台数は10台以下。絶滅危惧車になりつつあるので、少しで気になったら早めにチェックすることをオススメする

▲日本ではあまり人気がなかったレパードJ.フェリー。2018年2月16日現在の掲載台数は10台以下。絶滅危惧車になりつつあるので、少しで気になったら早めにチェックすることをオススメする絶滅危惧車のレパードJ.フェリーを探してみる▼検索条件日産 レパードJ.フェリー(初代)text/古賀貴司(自動車王国)

photo/日産自動車

関連記事リンク(外部サイト)

絶滅危惧車のレパードJ.フェリーを探してみる

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。