ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハッピーくるくる 米レーベル [Attack The Music]から1stEPをデジタル・リリース

ハッピーくるくる 米レーベル [Attack The Music]から1stEPをデジタル・リリース

2人組アイドル・ユニット、ハッピーくるくるが、昨年2017年9月にリリースされた1stEP『Happy Kuru Kuru』をアメリカのレーベル[Attack The Music]からデジタル・リリースする。

Attack the Musicは、アメリカ・ロサンゼルスに拠点を置くインデペンデント・レーベル。banvoxなど数々の人気トラックメイカーをアメリカに送り出してきたレーベルが、初めて日本のアイドルグループを手掛ける試みとなる。今後は、同レーベルからの定期的なリリースやLAでのイベントなど、様々な展開を予定している。

EPに収録されている7曲は、全てトラックメイカーのYunomiがプロデュースしている。EDMやFuture Bassなどのダンスミュージックをベースにした個性的なサウンドと、カワイイ・ポップスが融合された次世代のカワイイ・ポップ・サウンドが特徴だ。公式SoundCloudは国内外から約100万再生を誇り、海外での人気も高いハッピーくるくる。本格的な海外進出に向けて、ハッピーくるくるにとっての第一歩となる。

OTOTOYでも好評配信中の本EP。これからのハピくるにぜひ注目しよう。(た)

■メンバー・コメント
のの:
私はアメリカでライブをして、ファンの人と本場のハンバーガーを美味しく仲良く食べることが夢の1つです。その夢に1歩でも近づけることがとても嬉しいです。アメリカの方々にハピくるの曲を聴いてもらって、何を感じてもらえるのかワクワクしています。沢山の人に聞いてもらえますよーにっ! Thank you!!!

きのこ:
私はすごくドメスティックな人間なんですが、ハピくるに入ってから海外遠征やアメリカ進出の話がたくさん出て、最近はだんだんと海外に行くことが楽しみになってきました。これをきっかけにアメリカのひとにももっとハピくるを知ってほしい!みんなでワールドツアーがしたい!

『Happy Kuru Kuru』はOTOTOYで配信中
https://ototoy.jp/_/default/p/80533

【LABEL】Attack The Music

【Title】「Happy Kuru Kuru」
M1. Perfect Tripper
M2. Natsu no hi no Labyrinth
M3. Sayonara Cricket
M4. Sky Shooter
M5. Kuru Kuru Fantasy
M6. Magical Girl
M7. Hanbunko Hanabi

ハッピーくるくる Official Website:
http://happy-krkr.tokyo

Attack The Music
http://www.attackthemusic.com

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy