ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国鉄職員だった藤井フミヤ、今でも感じる「ご縁」とは

国鉄職員だった藤井フミヤ、今でも感じる「ご縁」とは
J-WAVEで放送中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」のワンコーナー「WORDS FROM THE FIELD」(ナビゲーター:GAKU-MC)。2月9日(金)のオンエアでは、ライブイベント「J-WAVE アカリトライブ 2018」の開催を発表し、イベントへの出演が決定した藤井フミヤさんをゲストにお迎えしました!

GAKU-MCが中心となり2011年から続けている「アカリトライブ」は、キャンドルの灯りでライブを行い、東日本大震災の被災地のためにできることを考え、各地からのメッセージを被災地に届けるプロジェクトです。

GAKU-MCは「言ってみるもんだなあ」と、藤井さんの出演オファーへの快諾に喜びを隠せない様子でした。ライブでは2人の共演もあるそうで「歌詞に沿ってラップを入れるの?」と訊く藤井さん。GAKU-MCは「ソロ・ギターを入れるような雰囲気で、その曲にあったものを入れるんです。せっかくこんな機会もらったので事前にちゃんと歌詞を書いて心を込めて準備させていただきます」と嬉しそうに回答しました。

今回、GAKU-MCは藤井さんの過去の曲の膨大さに改めて驚いたそう。藤井さんは「俺もう曲なんて作らなくていいのよ(笑)。チェッカーズが10年分とソロで25年分あるからねぇ」と答えていました。「アカリトライブ」では、チェッカーズ時代の曲から最新アルバムまで網羅した内容になるそうです。

そんな「J-WAVE アカリトライブ 2018」は、4月13日(金)東京国際フォーラム ホールCで開催されます。

また、藤井さんは、サッカーチーム、サガン鳥栖のスポンサーCygamesのCMテーマ「ミラクルスマイル」を歌っています。実は、「サガン鳥栖のグラウンドあるじゃない。あそこ昔、俺の職場だったのよ」。現在スタジアムのある場所は、以前国鉄時代のJRの貨車を振りわける場所だったらしく、チェッカーズ前に国鉄職員だった藤井さんは、そこで半年くらい働いていたのだそう。「ご縁を感じている」と語りました。

最後に藤井さんに「大切にしている言葉」を訊きました。藤井さんの今年のスローガンは「人にやさしく自分に厳しく」。「初詣のときに今年はこれでいこうと。今年35周年なので、いろいろあると思うんで、40周年って危ういじゃん(笑)。還暦超えてるから、やるかどうかわからないから。『35周年とりあえずやっていこう!』という感じ。ということで、みんなさんとどこかでお目にかかれれば」と話してました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WORDS FROM THE FIELD」
放送日時:毎週金曜 6時30分−6時40分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/archives/words-from-the-field/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。