ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhone Xでダイナミックな写真を! SandMarc から専用ワイドレンズ登場

iPhone Xユーザーで、写真のバリエーションを広げたい、ワンランク上の写真を撮りたいと考えている人に、今回は米SandMarcから新たにリリースされたiPhone X用ワイドレンズを紹介しよう。

付属の専用ケースにねじって取り付けでき、また専用ケースを使わなくてもクリップで固定もできるという使いやすいレンズだ。

・ダイナミック演出も

スマホのカメラでそのまま撮る場合と、マクロやワイドなどの専用レンズを使って撮る場合とでは出来の差は明白。「えっ、これスマホで撮ったの?!」という写真に仕上げられる。

今回の広角レンズは16ミリ。かなりの範囲をカバーするので、広がりのある写真が撮れる。また、広角だと遠近感を強調してダイナミックさも出せるので、広大な風景などを撮るのに良さそうだ。

・着脱が簡単!

スマホに取り付けるレンズとしては、マグネットプレートなどをスマホに接着剤やシールでとめて使うタイプが多いが、SandMarcのレンズには専用ケースがついてきて、ケースにレンズをクルクルっとねじ込んで固定できる。

また、ケースを使わなくてもレンズセット一式に含まれるクリップで、レンズをスマホに簡単に固定できる。なので、取り付けに手間取どることなくショットをとらえることができそう。

ワイドレンズは89.99ドル(約9800円)。サイトではそのほか、魚眼、マクロ、望遠のレンズも扱っている。

海外への発送にも対応し、購入額75ドル(約8100円)以上は送料無料となっているので、iPhone Xで“スマホフォトグラファー”を目指す方はサイトをのぞいてみてほしい。

SandMarc

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy