体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ語彙力があると「デキる」と思われやすいの?――【言葉の専門家×若者】社会で活躍するための“語彙力”基礎講座<前>

なぜ語彙力があると「デキる」と思われやすいの?――【言葉の専門家×若者】社会で活躍するための“語彙力”基礎講座<前>

「語彙があるビジネスマンはデキる」「難しい言葉を使える人はかっこいい」。そんな風潮は昔からあるものだが、会話であれ、LINEであれ、普段言葉でコミュニケーションを取っている私たちは、よりたくさんの言葉を知っておいたほうがいい。

でも、そう簡単に語彙力を身に付けることはできない。

一体どうすれば人が「オッ!?」と思うような言葉をスラスラと使えるようになるのだろう?

そこで新刊JPは、昨年の「忖度」ブームで話題を呼び、11月にはオーディオブック化もした『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』(ワニブックス刊)、そして最新刊『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ【超「基礎」編】』を出版した大東文化大学文学部准教授の山口謠司さんをお招きして、「言葉」の使い方に普段から悩む若者たち4人と座談会を行った。

「社会で活躍するための“語彙力”基礎講座」前編は、語彙力を高める意味について議論を交わした。

(構成・文:金井元貴)

■話が途中で詰まってしまうという悩みには…

――まずは座談会に参加されている皆さんにお聞きしたいのですが、普段の生活の中で語彙力の部分で悩んでしまうことはありますか?

佐伯:佐伯帆乃香です。私は社会人3年目なんですが、言葉遣いが正しいか気になったり、広報業務を担当しているのでできるだけわかりやすく伝えたいのですが言葉選びに悩むことがあります。

秋吉:秋吉圭といいます。大学3年生です。しゃべり方で分かると思うんですけど、結構口が軽い方で、大学入試の面接の練習で怒られたりしたことがあるんですよね。だから、少しずつ直していきたいと思っています。

岩崎:大学1年生の岩崎菜々です。私は話している時に言葉に詰まることが多いのが悩みです。言葉が出てこなくなるというか…。どうすればいいのか悩んでいます。

山口:なるほど。ちょっとフライング気味ですが、言葉が詰まらないようになるには、落語を聴くのがいいですね。落語のリズムを覚えてしまうんです。噺家さんたちのお噺って聴いているとイメージが膨らむでしょ? それは、そういう言葉を使っているからです。さらにリズムも七五調、五七調を取り入れていますから、聴いてそれを真似してみるといいですよ。

岩崎:話を止めて考える癖があるので、落語の噺家さんみたいにずっと話せるようになりたいです。

山口:そうですね。口から洪水のように言葉が出てくるじゃないですか。それを真似してみることが大切です。フライングでしたね、すいません。

テオ:山口テオといいます。18歳です。父はこちらの(笑)山口謠司、母はフランス人で、フランス語と日本語をしゃべることができるんですが、まだまだどちらもマスターしきれていません。マスターできるように頑張ります。

■そもそも「語彙力」ってなんなの?

――皆さん、山口さんありがとうございます(笑)。私も社会人になってから8年くらい経つのですが、語彙力がなかなかつかないといいますか、文章が上手な人は多彩な言葉を扱えるので、もっと勉強しなきゃと思う毎日です。ではさっそくですが、山口さんに「語彙力とは一体何か」ということをお聞きしたいと思います。

山口:はい。では、語彙という熟語の「彙」という文字。これは何かご存知ですか?

秋吉:まず書けないです。

岩崎:なんだろう…。

山口:この字、何かに見えませんか? 下は果実の「果」。果実って丸いですよね。上にはわかんむりのようなものが被さっています。そして、その上には電車のようなものがくっついていますよね。これはそのまま見ればいいんです。

佐伯:出てこない…。

山口実はこれ、ハリネズミなんです。丸いものから針がワッと出ていますでしょ。「彙」は丸くなっていることを表す言葉なんですね。だから、「語彙」というのは、一つの核になる言葉があり、ハリネズミの針のように広がって別の言葉が出てくるということを意味します。

一同:へぇー!

山口:例えば「赤」という言葉は、そこから「明るい(あかるい)」などの言葉が派生して出てきます。基礎語と呼ばれる言葉がハリネズミの部分で、そこから言葉が広がっていく、広げていくというのが「語彙」なんですね。

■なぜ「語彙力」が高いと「デキる人」と思われるの?

――語彙力のある人は、世間的にも「デキる人」と見なされやすいですよね。これは一体何故なんですか?

山口:これはキャラクターの名前付けのときによく使われるのですが、相手に印象付けたいときには、まず難しい漢字を使います。あまり知らないなという漢字を一字でいいから使うこと。そうすると、人は「自分の読めない漢字を持っている人だわ」と驚くのです。

佐伯:確かに、難しい漢字だったり、読み方が変わっている名前のほうが覚えやすいです。

山口:そうでしょ? そこに難しい漢字を入れると、少しランクの高い人だと見てしまう傾向がある。つまり、相手が怖じるんです。そういうことを頭に入れながら、手紙を書くときに少し難しい言葉を使うと…?

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。