ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

90s Memories : Interview with AAAMYYY about 『MABOROSI EP』

NeoL_AAAMYYY_1a | Photography : Takuya Nagata

22歳のときカナダに留学中にGarageBandで遊ぶことから始まったAAAMYYYがクリエイトする音楽像は、いわゆる宅録然としたそれで、実際すべてのサウンドデザインをDTMで描いている。近年、女性の宅録SSWというと、もはや宿命のようにグライムスとの比較論が展開されがちだし、確かにそこにある共時性(たとえばそれは隙間を重んじながら浮遊し躍動するトラックという面でも)は否定しないが、AAAMYYYはあらかじめ自らの独立したポップミュージックに対するフィロソフィーを持っている。昨年9月にカセットリリースした『WEEKEND EP』を経て、同じくカセットにパッケージした『MABOROSI EP』でAAAMYYYの音と歌、リリックのスケッチ力はさらにブラッシュアップされている。彼女がサポートを務めているTempalayやRyohu(KANDYTOWN,Aunbeats)から受けている刺激も、自身のクリエイティブに強くフィードバックされているのは間違いない。AAAMYYYは今、とても魅力的な過渡期を音楽に形象化している。

──『WEEKEND EP』からかなり早いタームで音楽性をブラッシュアップしていて。トラックがよりミニマルになったのも印象的なんだけど、やっぱり歌に対する意識がすごく上がってるなと思った。

AAAMYYY「確かに。トラックは全部、Figureというスマホのアプリで作ったんです。音色をカラーで書き出しても4色だけで。それをいかにチープに聴こえないかということがテーマでした。究極に少ない音数で、ギターとかも一切使わずにシンセだけでという縛りを設けて、歌で曲を補えるようにしたんですよね。どの曲が好きですか?」

──客演が入ってる曲だからソロのシンガーソングライターとしてはポジティブに聞こえるかわからないけれど、3曲目の“BLUEV(feat. Ryohu)”と“KAMERA(feat. TENDER)”かな。この客演の2人とはRyohuのソロワークも含めてもはや一つの強固なチームになってるじゃないですか。

AAAMYYY「そうですね」

──AAAMYYYの魅力を十二分に理解している2人でもあるだろうし。1曲目の“MABOROSI”の不安定だけど気持ちいい旋律もいいですね。AAAMYYYのボーカルの特徴として、日本語の響きがダサく聴こえないというのがあると思っていて。英語をネイティヴレベルで話せるというのもデカいと思うんだけど。

AAAMYYY「それは言われてすごくうれしい。前身のeimie名義でやっていた曲は全部英詞で、それがカッコいいと思っていたんですけど。でも、お客さんに全然伝わなかったんですよね。それで、ソロになって日本語で歌うようになってから、伝わり方がまったく違って。だから、日本語で歌うのは楽しいなと思って」

NeoL_AAAMYYY2 | photography : Takuya Nagata

──自分自身の歌のアドバンテージはどこにあると思いますか?

AAAMYYY「日本で言われる歌の上手さとか、ディーバとかそういう感じではないと思うんですよね」

──間違いない。日本では歌の力=歌い上げるってイメージが未だに強いし。

AAAMYYY「そうそう。そうじゃなくて、声って個性じゃないですか。それを体現できるのが自分の曲やRyohu、Tempalayのサポートだと思うんですよね。そこで『おおっ!』って思わせることができたらいいと思う。芯が強いという声ではないけど、ウィスパーっぽい声色とか響きが自分のよさなんだなということが最近わかってきましたね」

──何より色っぽいし、ユーモアも滲んでる声の魅力があると思います。

AAAMYYY「やった!」

──『WEEKEND EP』の時点で、日本語で歌う楽しさは体現していたと思うんですけど、もうちょっと音楽像としてはトリッキーな要素が強かったなと思う。

AAAMYYY「そうですね。『WEEKEND EP』は勢いとか、ストレンジさみたいな、『え!?』って思わせる要素を入れたいと思って作りました」

──AAAMYYYにとってスターのような、あるいはロールモデルとなるようなアーティストはいますか?

AAAMYYY「M.I.A.とカーペンターズですけど、M.I.A.が一番ですね。トラックもそうだし、歌い方も表現の仕方も含めて憧れます。自我がマックス、みたいなところが大好きです」

NeoL_AAAMYYY3 | photography : Takuya Nagata

──幼少期からピアノを弾いてたりしてたんですか?

AAAMYYY「ピアノは小1から中学3年まで習ってましたね。隣の家のピアノ教室で(笑)」

──地元は長野県ですよね。どういう環境で育ったんですか?

AAAMYYY「長野の川上村というところで。人口3000人くらいの村で、実家も農家なんですけど、農業が盛んなんです。ちなみにうちの村は過疎化していなくて、若い世代がどんどん帰ってくる村として有名なんですよ。標高は1200メートルくらいですね。子どものころはみんなでキャンプしたり、サバイバルごっこしたりしてましたね。リアルサバゲー(笑)。魚を捕まえて焼いて食べたり。だから、パンソンとか携帯とかゲームにはあまり触れてなくて、ほんとに自然の中で学習するような環境で育ちました。文化交流と言ったら、東京の武蔵野市とドイツに姉妹都市があるんですけど、そこから来た交換留学生とコミュニケーションをとったりしてましたね」

──音楽的なリスナー体験は?

AAAMYYY「親やお姉ちゃんが聴いてたり、テレビから流れてくる音楽に触れるくらいですね。親はカーペンターズやビートルズ、演歌が好きで。ピアノで弾くクラシックも、私はあまり上手く弾けるタイプじゃなかったので、こういう音楽があるんだなというくらいの感覚で捉えていて。音楽に興味を持ち始めた高校生になってからですね。映画『サマーウォーズ』の舞台になっている上田市にある高校に通っていたんですけど。そこで軽音楽部に入って、ドラムやベース、ギターも一通り触るようになったんです」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。