ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うまい棒にはなぜ穴があるの? その2つの理由とは

うまい棒にはなぜ穴があるの? その2つの理由とは

うまい棒は、うまい。

サクサクした軽い食感、パンチが効いた味付け。癖になるうまさだ。 駄菓子の王様ともいえるうまい棒だが、長く売れ続けるのには理由があった。

『うまい棒は、なぜうまいのか?』(チームうまい棒著、日本実業出版社刊)は、一冊まるごとうまい棒について書かれた本だ。

うまい棒はなぜうまいのか、本書からその秘密をのぞいてみたいと思う。

■うまい棒の穴はなぜ空いている?

うまい棒には穴が空いているが、不思議に思ったことがある人は多いはずだ。この穴はもちろん材料費をケチるためではない。むしろ穴を空ける工程が加わる事で、コストは上がってしまうという。

それでも穴を空けるのには二つの理由がある。

一つ目は食感をよくするため。穴があることによって、かじった時のサクサク感が増すという。例外として、シュガーラスク味は穴が空いていないが、ラスクの食感に近づけるために、あえて空けていないのだそう。

二つ目の理由は強度だ。穴が空いていると衝撃に強くなり、壊れにくくなる。うまい棒は工場から私たちの元に届くまで、長距離輸送をされることが少なくない。また、子どもたちが食べることを考えると、何かにぶつけても壊れにくい強さというのはとても大事なのだ。

■最初はこんなに味を増やすつもりはなかった!?

発売当初はソース味しかなかったうまい棒。しかし今では多くの種類があり、それぞれの味にファンがついている。

種類を増やしたきっかけは、売上の波が激しかったことにあるという。 さまざまな駄菓子屋で売れるようになったうまい棒。生産が追い付かなくなったため生産設備を増強したが、一時期をピークに「ソース味」の売り上げが落ちてきてしまった。

商品の価格が安いうまい棒は、機械をフル稼働させてたくさん作らないと利益が出ない。そこで生まれたのが「サラミ味」や「カレー味」だった。そして、味を選べるインパクトが人気に火をつける一因になったという。

本書にはうまい棒の魅力がたくさんつまっている。昔からのファンでも意外と知らない事も多いかもしれない。

ぜひ、うまい棒をかじりながら読んでほしい一冊だ。

(新刊JP編集部/ハチマル)

【関連記事】

元記事はこちら

パイオニアに聞く 日本のインバウンドビジネスの現状と課題(1)

10年連続黒字の会社が実践する、「ハッピー」が循環する企業の作り方

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。