ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小林克也、ザ・ナンバーワン・バンドとメジャー25年ぶりの新作アルバムをリリース ビルボードライブ東京を含む全国ツアーも決定

小林克也、ザ・ナンバーワン・バンドとメジャー25年ぶりの新作アルバムをリリース ビルボードライブ東京を含む全国ツアーも決定

 『スネークマン・ショー』への参加でも知られ、DJ、VJ、ナレーター、俳優、タレントとしても活動する小林克也が、2018年3月、自身が結成したザ・ナンバーワン・バンドのニューアルバムを、メジャーとしては実に25年ぶりにリリースする。

 本作は小林が喜寿の77歳を迎えることを記念してリリース。タイトルは喜寿を迎える“めで鯛”にかけて、そして「おそらく最後(笑)」という想いを込めて『鯛~最後の晩餐~』と名付けられる。メジャー作品『ます』(1993年)以降、オリジナルアルバムとしては25年ぶりの新作。前作のリリース後、しばらくは音楽活動から離れていたが、一時期の体調不良の後の2013年、ザ・ナンバーワンバンドのメンバーが「もう一度あつまってライブをしたい!」と語っていたということを人づてに聞き、それがキッカケとなってアルバムの制作が開始された。

 過去作品では桑田佳祐、世良公則、鈴木慶一、鈴木雅之、奥田民生など豪華ゲストも参加していたが、今回は、1983年の第1作『もも』から共に活動してきたザ・ナンバーワンバンドのオリジナルメンバーである佐藤輝夫と2人で作り上げた作品となった。日常のナレーション業務などの合間に、週に1回程度のペースでスタジオに入り制作作業を重ね、2018年1月にアルバムに収録される全18曲が完成した。

 小林の唯一無二の声とエキセントリックな言葉選びは本作でも健在。佐藤輝夫が以前、大滝詠一から聞いた「レゲエは音頭である」という言葉から着想を得た「LET’S MAKE LOVE ~REGGAE ONDO~」や、小林克也ならではの多彩な声色を濃密なファンク・サウンドに乗せ、若者の“キスをしたい”という衝動について歌った「FUNKY KISS」などを収録。長きに渡り、さまざま形で声・音楽に携わる仕事を積み重ねてきた小林にしかできない、多様な音楽性を凝縮したアルバムとなっている。

 また、アルバム発売を記念して東京、広島、名古屋、埼玉でライブ・ツアーを実施することが決定。アルバム制作のきっかけとなったザ・ナンバーワンバンドのメンバーが再び集結し、実に32年ぶりとなるワンマンライブで一緒にステージに立つ。東京公演は3月31日にビルボードライブ東京にて行われる。

 アルバムの完全生産限定盤には、ボーナスディスク、さらには、小林克也とバンドの活動をまとめた豪華特集本が付属。ボーナスディスクは、アルバム制作中に生み出された楽曲から特別収録となる新曲4曲に加え、1983年の秘蔵ライブ音源10曲以上を収録。また、特集本は『ぴあ』が編集。バンドと小林克也自身の幅広い活動を総力特集し、日本の音楽/エンターテインメントの歴史を辿れるような解説本となる。

<小林克也コメント>

おめで鯛な!最後の晩餐。
ボクは昔の相棒の心をこじ開けました。テルちゃんは天才助け人です。毎週毎週二人の家庭内的手作りが始まりました。
大昔のスネークマン・ショーやザ・ナンバーワン・バンドは豊満なバブルに向う国への破壊工作でしたが、今回の「鯛 ~最後の晩餐~」は地味な夢や愛を送り続けています。そう、改心したのです。
家では「サージェント・ペパー」と呼んでいます。

◎リリース情報
『鯛 ~最後の晩餐~』

<完全生産限定盤:2CD+MOOK>
VIZL-1355 5,500円(tax out.)
<通常盤:CD>
VICL-64984 3,000円(tax out.)

◎ツアー情報
【小林克也&ザ・ナンバーワンバンド 鯛!最後の晩餐ライブ!!】

2018年3月27日(火)さいたまスーパーアリーナ『TOIRO』
18:30開場  19:00開演(予定)
※リスナー260名 抽選により無料招待
主催:NACK5
お問い合わせ:NACK5事業部 048-650-0795

2018年3月31日(土) ビルボードライブ東京
1stステージ 開場15:30 開演16:30
2ndステージ 開場18:30 開演19:30
サービスエリア7,700円 カジュアルエリア6,770円(1ドリンク付き)
後援:TOKYO FM
お問い合わせ:ビルボードライブ東京 03-3405-1133

2018年4月8日(日) 広島クラブクアトロ
開場16:30 開演17:00 
前売り4,500円 当日5,000円 ドリンク代別600円
主催:中国放送
お問い合わせ:RCC事業部 082-222-1133

2018年4月9日(月) 福山県民文化センターふくやま
開場18:00 開演18:30
前売り 4,500円 当日5,000円(全席指定)
主催:中国放送
お問い合わせ:RCC事業部 082-222-1133

2018年4月10日(火) 名古屋 ReNY Limited (名古屋市中区栄3-15-20)
開場18:00  開演18:30(JAMES BANDオープニングアクトあり)
前売り 4,300円 当日 4,800円(ドリンク代別)
主催:ZIP-FM
お問い合わせ:ZIP-FM事業部 052-241-8118

関連記事リンク(外部サイト)

山下達郎、33年ぶりのリリースが決定! 小林克也&鈴木英人とタッグを組んだあの名盤の3作目
小林克也が桑田佳祐新AL『がらくた』について語る、「聴いているうちに絵が浮かぶ」
山下達郎『COME ALONG 3』スペシャル・バージョンがbayfmでO.A、番組DJは小林克也

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。