体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【駅弁の旅】地元でしか買えない人気駅弁&名湯&絶景を巡る

【駅弁の旅】地元でしか買えない人気駅弁&名湯&絶景を巡る

鉄道旅の楽しみといえば「駅弁」!
物産展などのイベントでも、全国各地の人気駅弁が登場し、おいしい駅弁を買うのを楽しみにしている方も多いことでしょう。
でも、「駅弁」って、駅で買って列車で食べるのが、やっぱり最高ですよね。
全国には、現地に行かないと食べられない駅弁が、たくさんあるのです!
今回は、これまで4500個以上の駅弁を食べている私が、「駅弁と温泉と絶景」のある鉄道旅をプロデュース。冬ならではの鉄道旅に、ご案内しましょう。

新型「スーパーあずさ」に乗って、富士山のビュースポットへ!

E353系電車・特急「スーパーあずさ1号」松本行、JR中央本線・新宿駅

朝6時半過ぎ、JR新宿駅の10番線に、ピカピカの車両が入ってきました。
この車両は、2017年12月23日にデビューしたばかりの新型「スーパーあずさ」。
今までよりも揺れが少なく、普通車も全席電源コンセント付きなのがうれしいですね!

MASAICHI

新宿から約2時間、最初の途中下車は、2017年夏にリニューアルされたJR小淵沢駅。
実はココに、注文から受け渡しまで45分かかる「完全予約制」の駅弁があるんです!
駅舎1階にオープンした「MASAICHI」という、おしゃれなお店でのみ販売されています。

三峰の丘からの富士山と、E351系電車・「スーパーあずさ5号」

駅弁の予約を済ませ、できあがるまでお散歩。
小淵沢駅から徒歩約30分、山梨県北杜市(ほくとし)を代表する景勝地「三峰(さんぽう)の丘」へ。富士山、南アルプスの北岳、北アルプスの奥穂高岳という日本を代表する三つの山が、一望できるありがたい場所です。
富士山をバックに、ちょうど「スーパーあずさ5号」がやって来ましたよ!

 E257系電車・特急「あずさ7号」松本行、JR中央本線・小淵沢駅

完全予約制の駅弁。その中身は…

往復約1時間の散歩で、小腹がすいてきました。
「MASAICHI」で予約した駅弁を受け取って、特急「あずさ」に再び乗り込み、約50分かけて終点のJR松本駅を目指します。

直火炊き山菜とり釜めし

この旅、最初の駅弁は、小淵沢駅弁・丸政の「直火炊き山菜とり釜めし」(1,000円)!
手にすると、陶器製の釜がズシリ。ぬくもりも感じられます。この駅弁は生米から炊き上げるホントの釜飯で、ご飯には「おこげ」もあります。
その上には、甲斐味鶏の照り焼きをメインに、しいたけ、ぜんまい、ふき、たけのこ、しめじ、花にんじん、栗といった、たっぷりのおかずが、彩りよく載せられていました。
自分だけのために炊いてくれる温かい釜めしと、車窓から眺める絶景の富士山を、一緒にいただきます!
これを食べるためなら、小淵沢で途中下車する価値がありますよね。

篠ノ井線の普通列車で、日本随一の絶景へ!

松本駅

松本駅からは、JR篠ノ井線で長野駅方面を目指します。
長野駅へは特急「しなの」もありますが、今回は景色を楽しむべく、特急のあとにたつ普通列車の長野行に乗車しました。

姨捨駅 姨捨の棚田と千曲川

松本から約50分のJR姨捨駅は、鉄道の「日本三大車窓」のひとつとされる駅。
駅からは、国の名勝・姨捨の棚田、千曲川、善光寺平を望むことができます。
2017年から運行を開始した豪華寝台列車「TRAIN SUITE(トランスイート)四季島」にも停車時間が設けられているツアーがあります。
日本一と言っても過言ではない、美しい車窓をご覧あれ!

絶景とともに味わう、信州米豚を贅沢に使った駅弁

信州山ごはん 米豚のめし
1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。