ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最高時速80キロ!オフロード対応の電動バイク「KALK」

世界各国で、大人気の電動バイク。エコでリーズナブルな新世代の移動手段として、じわじわとシェアを伸ばしている。

環境先進国スウェーデンから登場したのは、オフロード対応の電動バイク「KALK」。最高速度80キロメートル毎時で、野山を走行。完全電動ながら、ガソリン車と同等のパフォーマンスを有する、画期的なプロダクトだ。

・自社開発のコンポーネントで快適な乗り心地を実現

製造元のCAKEは、ゼロエミッションオフロードバイクの生産に特化したスウェーデンのブランド。「KALK」は、同社初の市販電動バイクとなる。すべてのコンポーネントを社内で開発。静音、軽量、エコをテーマに、徹底して快適な乗り心地を追求した。

本体の重量は、わずか70キログラム。女性でも、十分持ち上げられる重さだ。動力となるのは、工業用のIPMモーター(埋込磁石内蔵型同期モーター)。15キロワットのミッドモーターと、50アンペアアワーのバッテリーで、静かにかつダイナミックに駆動する。

サスペンションを手がけたのは、ストックホルムの老舗自動車部品メーカーÖhlins。究極の乗車体験を実現するため、特別に設計したものだそう。

・現在プレオーダー受け付け中

本格的な生産開始は、2018年後半。その前に限定50台の予約注文を取り、プレオーダー価格で提供する。価格は、前払い金を含め、1万4000ユーロ(約190万円)。出荷は、6月中旬から夏になる予定。

KALK

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy