ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アップル、年内にエントリーレベルの13インチMacbookをリリース!?MacBook Airの後継品か?

アップル製品に関する最新ニュースが到着。今年後半、新たに13インチMacBookが、リリースされるかもしれない。

・エントリーレベルの新モデル

業界関係者のレポートによると、今回のモデルは既存シリーズのバージョンアップや改良版ではなく、エントリーレベルの製品となるらしい。タッチパネルメーカーのGeneral Interface Solution(GIS)では製品開発に備え、アップル社からのLCM(液晶モジュール)の受注を、予定しているという。MacBookやその他のモデルの新規受注を見込んで、2018年末までのLCM出荷台数を、月間60万台に増やしたとの情報も入っている。

業界内ではこの次世代モデルが、MacBook Airの後継機になるのでは、とささやかれている。2008年に発売が開始されたMacBook Airは、決して好調とは言えない。12インチのMacBookがアップデートされていないところを見ても、新モデルが発売される可能性は高いだろうというのが、メディアの見解だ。

・仕様はどうなる?

そうなると、気になるのは仕様だ。テーパードデザインのMacBook Airは、アップル製ノートブックの中で唯一、Retinaディスプレイを搭載していないプロダクト。後継機と目される13インチMacBookのディスプレイがどうなるのか、現段階でははっきりしていないが、既存の13インチMacBook Proモデルとは、明確に区​​別されると思われる。

いずれにしろ、年内の発売は濃厚の模様。秋から冬にかけて、再びMac旋風が吹き荒れる!?

souce by macrumors.com

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy