ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with Young Juvenile Youth about 『mirror』

NeoL_YJY01 | Photography : Akiko Isobe

昨年11月に結成から5年越しのファーストアルバム『mirror』をリリースしたYoung Juvenile Youth。ヴォーカリストのゆう姫とトラックメイカーのJEMAPURからなる彼らは、エレクトロニックミュージックに触発されたオルタナティヴR&Bの流れが急浮上した2017年の音楽シーンにあって、その流れに回収されることがないフリーフォームな音楽性は、聴き手それぞれの解釈や心情を映し出す鏡そのものだ。その鏡に作り手である彼らは何を見ているのか? 2018年にさらなる活躍が期待されるゆう姫とJEMAPURの2人に話を訊いた。

──11月に結成から5年越しの初フルアルバム『mirror』を発表した2017年は2人にとってどんな年でしたか?

JEMAPUR「一年という単位で物事を考えてはいないんですけど、アルバムを出せたことで一区切りがついて、既に次のフェイズに向けて準備をはじめています」

ゆう姫「荒波の年かな(笑)。でも、いまはその荒波を乗り越えて、さらに大きな波を待っているところですね」

──試行錯誤を極めたアルバム『mirror』は、ダウンテンポからアップテンポまでJEMAPURくんが繊細なタッチで構築したフリーフォームなビートとゆう姫さんの歌うメロディと歌詞が以前の作品より日常に寄り添っているように感じました。アルバムがリリースされた今、2人のなかでYoung Juvenile Youth(以下、YJY)のスタンスが定まった手応えはいかがでしょうか?

JEMAPUR「YJYは不完全な状態から始まっていて、自分たちなりの形を見つけるのに時間がかかりましたね。アルバムという形で作品を落とし込むこと段階で経験した試行錯誤を通じて以前より鮮明に自分達の変化していく方向性を捉えられるようになった感じがします」

ゆう姫「どういうグループなのかを上手く答えられないんですけど、活動を始めた当初は、もっと自分たちの活動を客観的に捉えていた部分があったんですが、今は自分の体の一部になってきたという感じがするというか」

JEMAPUR「その変化していく姿を鏡のように映し出したのが、今回のアルバム『mirror』でもあるんです」

NeoL_YJY2 | Photography :  Akiko Isobe NeoL_YJY3 | Photography :  Akiko Isobe NeoL_YJY4

──アルバム、CDというフォーマットに関して、フランク・オーシャンを例に挙げれば、後にCDやレコードが限定でリリースされましたけど、彼は映像と音が一体となった『ENDLESS』とアルバム『Blonde』をストリーミング配信で発表していますし、JEMAPURくんが身を置くエレクトロニックミュージックの世界は曲単位のデジタル配信がスタンダードになっていますよね。

JEMAPUR「消費速度が一番速いところだと、1分くらいの短い尺の曲が大量に配信でリリースされていたり、ネットに触れていない人たちとスマートフォンやタブレットがデフォルトになっている人たちでは、空間と時間に対する感性が全然違うと思うので、音楽をどう届けるのか。リリースフォーマットの選択は難しいですよね」

ゆう姫「CDは失われつつあるメディアなのかもしれないですけど、音楽を作品という枠組みでくくることは、いまもこれからもあるじゃないですか。例えばアルバムだったらジャケットがあって、タイトルがあって、何曲かの曲が集約される、みたいな一曲一曲というよりは総合して一つの作品としての価値があるみたいな。そういう意味ではアルバムというリリースのされ方はこの先も続いていくんだろうなと思いますね」

JEMAPUR「僕らも特別なものだと思っているからこそアルバムというフォーマットでリリースしたんですけど、アルバムを聴くことによって記憶や体験を結びつけるような機能があると思うんです。もちろん、1曲単体でもそういうことは十分にあり得るんですけど、アルバムというある程度の長さの作品を旅するように聴くことでそれは体験になりますし、そういうアルバムならではの魔法を自分たちで作ることが出来たら最高だなって」

──ゆったり始まり、後半にテンポが上がっていくこのアルバムの流れも曲単体では味わえないアルバムならではの体験ですよね。

ゆう姫「流れに関しては、曲を並べ替えたり、長い時間をかけて試行錯誤して大分悩みました」

JEMAPUR「あくまで作品を全体として捉えてどうするか。それしか考えていなかったですね」

ゆう姫「そして結果的に、2人が持つ空気感、波長やリズムに合う今の流れに落ち着いたんだよね?」

JEMAPUR「そうだね。僕の根本的な性格として、テンションが上がっているものに対して、無理しているんじゃないかな?って、不自然に感じてしまうところがあるので、温度の低いところから始まるYJYのテイストはその影響も大きいのかなって思いますけどね」

──特にライヴにおいて顕著ですけど、ゆう姫さんのヴォーカルは、クールに抑制されている部分とパッションが溢れ出している部分が同居していますよね。

ゆう姫「そう、自分のなかではテンションがうねうねと行き来しているんですよね。ただ、クールな側面も、もちろん自分にとって正直な気持ちではあるんですけど、その状態には変化がないというか、爆発力がないというか。音楽を作るうえで、リミッターを外すことってすごく大切だと思うんですよね。だから今回のアルバムでは自分のリミッターを外すことがいかに難しいかを思い知りましたね」

──かたや、JEMAPURくんは冷静なようでいて、音作りに関して、常にリミッターを外して制作に取り組んでいる印象があります。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy