体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『セブン-イレブン・今週の新商品』ざくざく食感チョコミントシューが全国販売 

『セブン-イレブンの今週の新商品』から注目フードをピックアップ。2018年1月16日(火)から順次発売される商品は、ざくざく食感チョコミントシューが全国展開。地域限定商品は、特色を反映したものがぞくぞく。

 

ざくざく食感チョコミントシュー 139円(税込150円)


■販売地域

全国
■商品概要
チョコミントを詰めた、ざくざく食感のシュークリーム。シュー生地は、ココアクッキー生地を乗せたココアシュー生地にチョコをコーティングして、ざくざく食感に仕上げた。チョコミントクリームが爽やかな味わい。

ここから地域限定の商品のコーナー!

【北海道】1日分の野菜を食べるちゃんぽん(熟成麺) 462円(税込498円)


■販売地域

北海道一部
■商品概要

1日に必要な野菜を摂取できる、ちゃんぽん。しっかり炒め煮込んだうま味のある野菜、コシのある熟成麺、まろやかでコクのある白湯スープを組み合わせた。もやし、キャベツ、にんじん、きくらげ、かまぼこ、コーン、青ねぎを彩りよく盛り付け。

【北海道】期間限定雪の下キャベツのコールスローサラダ 184円(税込198円)


■販売地域

北海道
■商品概要

北海道の原料である雪の下キャベツを使った具材感のあるコールスローサラダが期間限定で登場。このキャベツは通常のキャベツより甘みがあるのが特長。

【北海道】期間限定野菜スティック(雪の下キャベツ使用) 229円(税込247円)


■販売地域

北海道
■商品概要

北海道の原料である雪の下キャベツを入れた野菜スティックが期間限定で登場。味噌マヨネーズをつけてパリポリと食べよう。

【東北】 焼おにぎりのだし茶漬け紅鮭  276円(税込298円)


■販売地域
東北
■商品概要
香ばしく焼き上げた焼おにぎりに、濃厚なかつおだし、紅鮭、三つ葉を組み合わせたお茶漬け。焼おにぎりは、中はふんわり、外はこんがりとした食感を楽しめる。

 

【東北】会津味噌仕込みの豚汁 325円(税込350円)


■販売地域
東北(宮城、山形除く)
■商品概要

会津味噌を使った豚汁。豚肉、じゃがいも、ごぼう、白菜、こんにゃく、大根、にんじん、しめじ、青ねぎを盛り付け。別添の七味唐辛子がピリリと嬉しい。

 

 

【中部】ピリ辛豚ホルモン(信州味噌使用) 315円(税込340円)


■販売地域
山梨、長野
■商品概要

豚ホルモンを信州味噌で味付けたおつまみ惣菜。豚の大腸と小腸を、3種類の信州味噌、豆板醤、にんにく、はちみつ、おろしりんごなどを使った味噌ダレに漬け込み焼き上げた。

【信州】牛乳パン(八ヶ岳高原産牛乳使用) 147円(税込158円)


■販売地域
長野
■商品概要

パン生地に八ヶ岳高原産牛乳を練り込んだ菓子パン。口どけのよいホイップクリームにも八ヶ岳高原産牛乳を使用。

 

【北陸】五郎島金時使用!さつまいも&ホイップロール 149円 (税込160円)


■販売地域
石川、福井
■商品概要

五郎島金時を使ったどら焼き。薄紫色のどら焼き生地で、五郎島金時を使用したさつまいも餡とホイップクリームを包む。食感のアクセントに、さつまいも餡に黒ごまを練り込んだ。

【九州】熊本づくし(熊本県産鶏肉と牛肉使用) 352円(税込380円)


■販売地域
熊本
■商品概要

熊本県産の牛肉と鶏肉を使った、おむすびと鶏唐揚げの詰め合わせ。牛肉を牛しぐれおむすびにすることで、手軽に県産牛が味わえる。

 

今週の総評

ザクザク食感のチョコミントシューが全国展開した。それ以外では、地域限定商品たちの地産地消の方向性が極まっている。出張や旅行などで一食ぐらいはコンビニ飯を取り入れてみるのも面白いかもしれない。

 

関連記事リンク(外部サイト)

『セブン-イレブン・今週の新商品』新味ブリトーやフランスパンが登場!スイーツはさつまいも大福
『セブン-イレブン・今週の新商品』クリスマス風デザインが可愛いスープ系がたっぷり
『セブン-イレブン・今週の新商品』パイやパンを豊富に取り揃え!旅先で見つけたら食べたくなる地域特化パンがいっぱい
『セブン-イレブン・今週の新商品』新味のドーナツやクリームシューがぞくぞく
『セブン-イレブン・今週の新商品』ドーナツ祭り開催!地域限定から新味まで大放出

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。