ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シャーレを置きっぱなしにしていたら芸術作品に仕立てあげられていた! 「いいセンス」「ユーモアある」との反応多数

syare_01

前衛芸術といえば、日常生活のものを組み合わせただけで「アートです」と断言されたら「そうか」と納得しないといけないものですが、ある『Twitter』ユーザーが研究室に放置されたシャーレを先輩に芸術作品にされたという画像をツイートして話題になっています。


やられた…

研究室で試薬が乾いたシャーレを放置して帰ったら、先輩に芸術作品に仕立て挙げられてしまった…

ちゃんと片付けます…

試薬が乾いたシャーレを「斜陽」と第され、その説明文だけでなく、ご丁寧に撮影可能の立て札まで用意されています。

これには「いいセンス」「天才」という反応があったほか、「おシャーレですね」「シャーレがきいている」といったウマいことを言う人も。また、「ひとつの悪口を書いていないで一撃を加えるのがすごい」といった声もありました。

このユーモアにあふれたイタズラ。なかなか片付けがされていないことがあったなら、芸術作品に仕立て上げることにチャレンジしてみるのも面白いかも?

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/nagi_gochiusa/status/949523702625976320 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。