ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『キューティーハニー』2018年再アニメ化決定!“ハニーを脱がせる抱枕”も発売

永井豪先生の代表作のひとつとも言える『キューティーハニー』が2018年に再びアニメ化することが決定!

永井豪50周年記念のアニメ化企画、3作目はなんと『キューティーハニー』。2018年は、永井豪先生の代表作ともいえる『デビルマン』『マジンガーZ』『キューティーハニー』の 3 作品が、様々な形でアニメーション化する、まさに永井豪イヤー! 作家生活50周年を盛り上げます。

永井豪の代名詞といえば【ダークヒーロー】【ロボット】【お色気セクシー】の3本。【ダークヒーロー】の『デビルマン』は、『DEVILMAN crybaby』として湯浅政明監督より新作アニメとして蘇り、2018年1月5日よりNetflixで全世界配信スタート。

【ロボット】の『マジンガーZ』は『劇場版 マジンガーZ /INFINITY』として45年ぶりの映画化で蘇り、1月11日に全国劇場公開。

そして、【お色気セクシー】の『キューティーハニー』が新たなスタッフと共に2018年に『Cutie Honey Universe』として新たに生まれ変わります。

早速ティザービジュアルが解禁! 主人公の如月ハニーを筆頭に、ハニーの七変化の姿が並び、可愛くて強い女の子・ハニーの大活躍を予見させるビジュアルに仕上がっています。詳細はまだベールに包まれていますが、このキューティーハニーのアニメ化プロジェクトのコンセプトは【カッコかわいい女の子】。これまでTVアニメ化、ドラマ化、実写映画化と様々なテイストで映像化されてきた『キューティーハニー』が原点に返り、さらに新たなエッセンスを加えることで凛と「カッコよく」「かわいい」新生ハニーをリブートしていきます。

<永井豪先生コメント>
僕の代表作である「デビルマン」「マジンガーZ」に続き「キューティーハニー」のアニメ化が決まり、本当にうれしいです!
これで、永井豪 50 周年記念アニメ化作品は完結することになるでしょう。
少年マンガ週刊誌とTVアニメ番組とで、同時スタートした私のヒロインは、何度も、アニメやマンガ、映画になって活躍し続けてきました。今回のアニメ化のコンセプトが【カッコかわいい】ということで、如月ハニーが、現代にどのように蘇り、どんな“カッコかわいい”活躍を見せてくれるのか、今から楽しみにしています。

ちなみに『Cutie Honey Universe』のタイトルロゴの頭文字である【CHU】は【チュ】とかけており、今回のハニーの“キュートさ”をかわいく演出。

<STAFF>
原作:永井豪「キューティーハニー」
監督:横山彰利
シリーズ構成:高橋ナツコ
キャラクターデザイン・作画監督:井関修一
アニメーション制作:プロダクションリード

公式サイト:
http://cutiehoney-u.com

ハニーを脱がせる!? ちょっぴりセクシーな抱き枕発売決定!

アニメ化を記念し、『Cutie Honey Universe』の“特製抱き枕”の発売が決定。なんと、如月ハニーのコスチュームを脱がせることができる【究極アイテム】!

12月29日(金)~31日(日)に開催されるコミックマーケット 93(コミケ 93)の EXIT TUNES ブース(ブース番号:1232)での先行発売も決定。数量限定のため、早めにチェック。
●コミケ特設サイト:http://exittunes.com/event/c93/[リンク]

「キューティーハニー」の歴史
1973 年 9 月 :漫画「キューティーハニー」「週刊少年チャンピオン」にて連載開始
1973 年 10 月:TV アニメ「キューティーハニー」放送開始
1997 年 2 月:OVA「新・キューティーハニー」
1997 年 2 月:TV アニメ「キューティーハニーF」放送開始
2004 年 5 月:実写映画「キューティーハニー」公開
2004 年 9 月:OVA「Re:キューティーハニー」
2007 年 10 月:実写ドラマ「キューティーハニー THE LIVE」放送
2016 年 10 月:実写映画「CUTIE HONEY -TEARS-」公開

(c)Go Nagai/Dynamic Planing-Project CHU

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy