体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【間違えると恥ずかしい!】「精算」「清算」の違いと使い方

ビジネスの現場では、「せいさん」という言葉がよく登場します。ただ、ひとくちに「せいさん」といっても、清算と精算、ふたつの漢字がありますよね。

「この場合はどちらの漢字を使ったらいいのか」と迷ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、紛らわしい「清算」と「精算」の違いについて見ていきます。

【間違えると恥ずかしい!】「精算」「清算」の違いと使い方

「精算」と「清算」とは

「精算」と「清算」では、一文字目に使われている漢字が異なります。漢字の意味を押さえながら、それぞれの「せいさん」の意味を押さえていきましょう。

「精算」

「精」という漢字は、精巧や精密といった熟語でも使われるように、「緻密」や「こまかい」「詳しい」という意味合いを持つ漢字です。従って「精算」とは、「金額を細かく計算する」「確定する」という意味で用いられます。

「清算」

「清」という漢字は、清潔などの熟語で使われるように、「きれいにする」や「整理する」「清める」「白紙にする」という意味合いを持ちます。このことから「清算」は「けじめをつける」「関係を解消する」「はっきりさせる」という意味で用いられます。

このように、「精算」と「清算」は国語として明確な意味の違いがあるのですが、実際のビジネスの現場では、このふたつが混同して使われていることも珍しくありません。例えば、不動産業界では「日割り精算」という漢字が用いられることもあれば、「日割り清算」という漢字が用いられることもあります。

ちなみに、この二つの言葉で使われている「算」は、「計算」を意味しています。

「精算」と「清算」とは

「精算」が使われるシーン

それでは、具体的にどのようなシーンでそれぞれの言葉は使われるのでしょうか。まずは「精算」の方から見ていきましょう。

すでに見たように、「精算」には「細かく計算をして物事を確定する」という意味があるように、「料金の請求や計算などを最終的に精密に計算すること」を言います。もっとも代表的なのは、経費の精算です。仕事上、社員が使った金額のうち、経費として扱われる費目は後日、会社に請求できるのが基本ですが、このときに用いられるものが「経費精算書」です。

例えば、交通費や駐車場代などの内訳を細かく記載して金額を確定させるので、「精算」という漢字が使われます。飲み会や接待などの立て替え払いなども、原則として経費になります。どのような相手とどのような目的でお金を使ったのか、といった料金の細かい計算を行うため、「精算」という漢字が当てられます。

「清算」が使われるシーン

一方、「清算」という漢字が使われるシーンとしては、「年末までに借金を清算する」という表現などが代表的です。個人間の金銭の貸し借りだけでなく、会社では財産処分や買掛金、売掛金の解消などの取引が日常的に行われています。このように、金銭の支払いなどに対して、結論を出す意味合いで使われるのが「清算」です。ビジネスの現場というよりは、法律の世界でよく使われる言葉です。

また、金銭以外でも「過去を清算する」等、人間関係に対しても使われることがあります。

このように、「清算」は金銭に関係するもの以外であっても、物事すべてのことに対してけじめを付けたり、綺麗に整理するという意味で用いられる熟語であることが分かります。

「精算書」と「清算書」の違い

「精算書」と「清算書」の違い

「精算書」は、すでに見たように経費の計算などで用いられる漢字です。計算書や金額などを細かく計算する書類などに用いられます。

一方、「清算書」は、金銭の受渡が証明された書類などに使われます。過去の借金の支払いを証明する書類などで用いられるのが一般的です。「清算書」という漢字を使う場合は、ビジネスの現場では非常に特殊なケースが多いといえるでしょう。実際には、経費の計算書類に「清算書」という漢字が用いられている場合もあるので、明確な使い分けがされているわけではありません。しかし前述の通り、「清算」は「過去の物事を綺麗にする」という意味から、会社の倒産や破産などのネガティブなイメージをする人も多くいます。そのため、できる限り使い分けはしっかりと身に付けておいた方が良いでしょう。

一緒に覚えよう!「成算」「概算」の意味と使い方

「清算」と「精算」は非常によく似た言葉なのですが、これと同音異義語になる言葉に「成算」という熟語があります。

「成算」は、「清算」と「精算」などとは全く異なり、「成功する見込みや物事を成し遂げる見込みのこと」を表します。意味合いとしては、「勝算」などに近いといえるでしょう。例えば、あるプロジェクトの会議で、「私には成算がありますので、ご安心ください。」などのように使います。

この時の「算」は、「もくろみ」「はかりこと」を意味しています。

一方、「清算」と「精算」などと対義語に「概算」という熟語があります。「概算」で使われている「概」という漢字には、「概要」などの熟語に使われることからもわかるように、「おおむね」や「だいたい」という意味があります。つまり、「概算」とは「おおまかな、ざっくりとした計算」を指します。「プロジェクトにかかる費用を概算する」「経費を概算する」などのように、見積もり段階で用いられることが多い熟語です。

いかがでしたか?

「清算」と「精算」は使い分けが少々難しい言葉ではありますが、ビジネスパーソンとして適切な使い方ができるように知識を身に付けておきましょう。

監修者:佐野 昭子(マナー講師・大学講師)

佐野 昭子(マナー講師)

日本航空客室乗務員15年の経験を活かし、JALアカデミー株式会社、他の接遇会社で修業し、 2002年人材育成研修会社「プリサージュ」を設立。”ホスピタリティ”をベースに、企業研修、全国講演を行っている。

著書:「選ばれる人の気遣い」CCCメディアハウスより2015年出版。

文:リクナビネクストジャーナル編集部

関連記事リンク(外部サイト)

メールで「すいません」「すみません」はどっちもOK?適切な謝罪表現とは
まさか同じと思ってない?「十分」「充分」の違いと使い分け
「嘘つき」を極めた者こそ本物のデキる人である!ーー『マネーの拳』に学ぶビジネス格言

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。