体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新潟県佐渡島でできる特殊なオシゴト紹介&インタビュー

新潟県佐渡島でできる特殊なオシゴト紹介&インタビュー

フェリーで二時間半、本州から切り離された島、佐渡島。野生のトキや金山、太鼓芸能集団「鼓童」…などいろいろと特殊な文化が根付く佐渡でできるオシゴトってどんなものがあるのでしょうか…

 

大人気!太鼓体験プログラムの講師

 

国内だけにとどまらず、世界でも活躍する太鼓芸能集団「鼓童」を知っていますか?近年は坂東玉三郎さんとの歌舞伎座公演や、初音ミクとの共演などジャンルを超えた音楽や舞台の新しい可能性を追求し続けている太鼓のプロ集団です。実は佐渡、「鼓童」の拠点なのです。

佐渡太鼓体験交流館

そんな佐渡には少々変わった太鼓にまつわる施設やオシゴトがあります。

巨木でできたほかにはない変わった太鼓をたたいて、実際に太鼓をプログラムとして体験できる施設「佐渡太鼓体験交流館」、通称「たたこう館」。「鼓童」のメンバーになるという道のほかに、こちらの講師のオシゴトもあります。ここでの観光体験プログラムは大人気で、今までに6万人以上を教えた講師もいるそうです。

佐渡太鼓体験交流館

私も太鼓体験プログラムに参加しましたが、講師の引き込むパワーとわかりやすいアドバイスに、気づくと汗をかくほど必死で太鼓をたたいていました!静かな館内いっぱいに太鼓の音が響いて、終わるころには体に太鼓のリズムが残っています。

では、どうしたらこちらのオシゴトに就けるのでしょうか?

「鼓童」に入るには、研修生(18~25歳まで)になることがまず必須です。二年間の研修期間を終え、選考を経て準メンバーとなり、一年後の最終選考で選ばれると正式な「鼓童」のメンバーとなることができます。ときには合格者が出ない年もあるのだそうです。

そんな狭き門のプロ集団「鼓童」の元メンバーや研修を終えた方が、「たたこう館」で講師をしています。太鼓をたたくスキルが高く要求される、ちょっと変わった佐渡ならではのオシゴトです。

 

金運が上がりそう!?佐渡金山でのオシゴト

 

佐渡の有名な観光地の一つに「佐渡金山」があります。江戸幕府により開山し、1989年まで採掘されていた400年以上の歴史ある金山です。現在は金山を採掘していた当時の生活を垣間見ることができる観光地となっています。

職場が「金山」ってちょっとインパクトありますよね?!そこの売店では金の延べ棒がずらりと並んでいます・・・

金の延べ棒のティッシュ

と、見せかけて実は金の延べ棒に似せたお土産のティッシュです。ほかにも金にまつわるいろいろなグッズが売店で売られています。お仕事は、売店係なのですが、週に一度ほど施設内のガイドも担当するのだそうです。金山のことにも詳しくなれるでしょう。

佐渡金山の施設内

施設内は夏でも汗が引っ込むほどひんやりしていて気持ちよく、ラピュタのポム爺さんが出てきそうな雰囲気です。地下の案内人なんて、ほかではなかなかできないお仕事ではないでしょうか。

基本給は132,000円で、ちょっと変わったオシゴトですがオンシーズンのみ稼働の期間雇用となっています(4月1日~11月30日)。

 

海洋調査・港湾工事等を行う潜水士助手

 

佐渡は、島国だけあって、海にまつわるお仕事がたくさんあります。

その中でもちょっと変わったものがありました。その名も、「潜水士助手」

仕事内容は、海洋調査、港湾工事等を行う潜水士の補助業務です。

例)

・船上にて潜水士のサポート

・潜水士の指示でコンプレッサーから空気を送る

・合図があればホース上げを行う

意外にも、水中作業はないのだそうですが、「小型船舶免許」が必要となります。雇用形態は正社員で、給与は162,400円~301,600円と高収入も見込めます。船の運転ができる人は、佐渡ですぐに稼げる仕事を見つけることができそうですね!

 

観光の目玉!たらい船の漕ぎ手

 

たらい船を楽しむ観光客

佐渡に来た観光客に人気の「たらい船」の遊覧。たらい船は佐渡の下部分の小木地区にいくつかの乗り場があり、それぞれに違うロケーションが選べます。特に人気なのが矢島経島のたらい船。

ここのたらい船はたらいの中から海を覗くことができ、晴れた日の遊覧では海の透明度に驚かされます。

海を覗けるたらい船
1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。