体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶頂期からの転向、まさかの引退。「もう終わった…」しかし、そこからが始まりだった。――初代日本女子プロボクシングバンタム級王者・吉田実代の仕事論

プロボクサーとして、インストラクターとして、そしてシングルマザーとして。三足のわらじを履く女性格闘家がいる。その名は吉田実代。2017年10月6日、新設された日本女子王座のバンタム級タイトルマッチで勝利し、初代日本女子プロボクシングバンタム級王者に輝いた。しかしこれまでの道のりは決して平坦なものではなかった。プロ格闘家の夢は叶えたが、なかなか納得の行く結果が出せない日々。そしてプライベートでは結婚、妊娠、離婚。さまざまな苦難を乗り越え、新たな歴史の1ページを作った戦うシングルマザーの生き様に迫った。前回(第2回)はこちら

f:id:kashiemi:20171107143822j:plain

吉田実代(よしだ・みよ)

EBISU K’s BOX所属のプロボクサー。1988年、鹿児島市生まれ。20歳の時、ハワイに格闘技留学。帰国後、キックボクシング、総合格闘技、シュートボクシングなどに参戦し、2014年ボクシングに転向。デビュー戦後に妊娠、結婚。出産のブランクを経て、2016年復帰。2017 10月6日、新設された日本女子王座のバンタム級タイトルマッチで高野人母美と対戦。3-0の判定で勝利、初代日本女子プロボクシングバンタム級王者に輝いた。ボクシングでの戦績は9戦8勝1敗。東洋太平洋スーパーフライ級1位。日本バンタム級チャンピオン。育児、仕事、ボクシングの“三足のわらじ”を履く戦うシングルマザーとして注目を集めている。

立ち技でスター選手に

──総合格闘技に転向してからは2年間で3戦して1勝2敗。その後2011年、23歳の時に池袋BLUEDOGジムに移籍してキックボクシングとシュートボクシング(投げ技も極め技もある格闘技)の立ち技に戻ってますね。それはどうしてですか?

総合は向いてないかもと思ったのと、立って戦う立ち技の方が好きで、試合にも出たかったのですが、マッハ道場は総合格闘技のジムで総合格闘技大会と密に親交があり、私を総合格闘家として育てたかったので、必然的に総合の試合が多くなり、立ち技の試合に出られませんでした。それで、立ち技の試合にも出られるフリー系のBLUEDOGジムに移籍したんです。

──2011年4月に初参戦したシュートボクシングの試合では1Rにダウンを奪って判定勝ちしています。実際に立ち技に戻ってどうでしたか?

やっぱり立ち技の方がやってて楽しかったし、向いてると思いました。

──2013年にはGLADIATOR(キックボクシング)の初代バンタム級王者になっていますね。この時の気持ちは?

正直微妙でした。実は1週間前に対戦相手が当初予定されていた強い相手からアイドルみたいな弱い選手に変わったんです。最後はあっさりハイキックで勝ちました。やるなら強い相手と戦いたいじゃないですか。なのにそういう相手と戦わざるをえなくなって。

だから勝てたのはうれしいのですが心の底から喜べないし、胸を張ってチャンピオンて名乗れないなと。今回のタイトルマッチのベルトとは重みが違います。だから経歴にもキックボクシングのチャンピオンという実績はあまり全面には出していないんですよ。

──立ち技時代は3年間で戦績は14戦10勝4敗と好成績ですね。立ち技時代、一番印象に残っている試合は?

2011年8月に開催された「GIRLS S-CUP2011 立ち技女子最強決定トーナメント」ですね。その1回戦でキックボクシングの東洋女子バンタム級チャンピオンにして、総合格闘技にも出てるすごく強いWINDY智美さんという選手と当たりました。

その時、私は立ち技2戦目で、その智美さんは56戦目。誰が見ても絶対負けると思われてたけど勝っちゃったんですよ。女子格闘技の世界のレジェント、優勝候補といわれてた智美さんに勝ったことでシンデレラガールみたいな感じでメディアに取り上げてもらって、それから格闘技の世界で知名度が一気に上がりました。この一戦でかなり変わりましたね。その後も注目してもらって、勝利を重ね、2013年にはカンボジアで国を挙げて行うビッグイベントに呼ばれて試合をしたりもしました。

また、人気が出てきた頃は年間6、7試合、エキジビションもいれるとほぼ毎月のように試合をしていたので、あまりアルバイトをしなくても格闘技だけで生活できるようになっていました。

f:id:kashiemi:20171107143836j:plain

絶頂期でのボクシング転向

──そんな女子格闘技の世界でトップクラスの地位と人気を誇りながらなぜ、2014年にボクシングに転向したのですか? そのまま立ち技の世界にいた方がスターとして扱われていいと思うのですが。

さっきお話したようなマッチメイクでモチベーションが下がって、こういうのがずっと続くのかなと思ったのが最初のきっかけです。

その後、立ち技では対戦相手がなかなか見つからず、試合がない時期が長く続いたんです。それに一度負けた選手にリベンジしたいと思ってもできなかったり、立ち技でやりたいことができなくなりました。当時24、5歳でちょうど選手として一番いい時期だったし、こういう状態のままピークを過ごして終わるのは嫌だなと。

だから12月にカンボジアで大きな試合が決まった時、その試合で勝ったら辞めようと思ったんです。それで勝ったから、もう思い残すことはなくなったな、やりきったなと思えたから立ち技の世界から離れることにしたんです。

──ボクシングに惹かれた理由は?

立ち技の世界は団体が乱立してて同じ階級でもいろんなチャンピオンがいて、いったい誰が最強なのかわかりにくいんですよね。でもボクシングの世界は国内の団体は1つだし、ランキングがはっきり決まっているから強さが明確にわかるからいいなと。

一番大きい理由は、女子プロボクシングの世界で4階級制覇している藤岡奈穂子選手というものすごく強い世界チャンピオンの存在です。立ち技時代に練習でスパーリングさせてもらった時、この人すごく強いな、今まで戦ってきた女子の選手とはレベルが違うと衝撃を受けました。しかも人間としてもすごく尊敬できるんです。この藤岡さんとスパーリングするのが楽しくてしょうがなくなって、この人みたいになりたいなと強く思ったんです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。