ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

創業以来のレシピと厳選ジュニパーベリーが決め手! この道50年のマスターディスティラーが明かす『BEEFEATER』美味しさの秘訣

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1820年代にイギリスのロンドン・チェルシーの蒸留所で創業して以来、ロンドン塔の衛士のラベルでおなじみとなっているジン『BEEFEATER(ビーフィーター)』。そのマスターディスティラーのデズモンド・ペイン氏がジンに携わって50周年を迎えることもあって、このほど来日。『ビーフィーター』の美味しさの秘訣や、新たに赤いボトルになってひと味違うスピリッツとなる『BEEFEATER 24』について自らメディア関係者に説明する機会が設けられました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

来日したのは、ペイン氏と『ビーフィーター』のグローバルアンバサダーのスマイヤー・コノリー氏。

ペイン氏はジンの定義について、「ニュートラルなアルコールにベリーの香りを加えること」と語り、17世紀にオレンジ公ウィリアム(ウィリアム3世)がイングランド王となって、ジンの原型を大陸よりイギリスに入ってきて大流行したという歴史を紹介。その後、1860年代に連続蒸留機が生まれ、国のライセンス制が導入されたこともあって高品質なジンが作られるようになったと話します。その頃、カクテルが流行りだしてジンを使ったレシピも多く生まれることになります。

beefeater_03

『ビーフィーター』が創業以来こだわっているのは、香りやフレーバーのもとになるジュニパーベリー。ペイン氏によると毎年200のサンプルから審査して、そのうち3~4種をブレンドして使っているとのこと。このジュニパーベリーをピュアなアルコールと一緒に加熱。アルコールとボタニカルを24時間寝かせることで香りと味が落ち着き際立つようになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新たな『BEEFEATER 24』は真っ赤なボトルが非常に印象的な一本に。ペイン氏にとっては50年のディスティラー歴の集大成的なジンですが、「オフィスには“創業以来レシピを変えるな”という標語が掲げられていますが、今回は目を背けてチャレンジしました」と茶目っ気たっぷりに説明しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の『BEEFEATER 24』には、ペイン氏が日本で着想を得たという煎茶が使われています。「お茶とミックスすることを試すことはできないか」(ペイン氏)というこのスピリッツ。ジュニパーベリーの苦味にフレッシュなお茶の味がほのかに香るというすっきりとした仕上がりになっていました。

この新しい『BEEFEATER 24』、販売元のサントリースピリッツによると、日本では2018年1月中旬から下旬ごろに店頭に並ぶとのこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

肉料理に最適な『ジンと肉』(ジン・トニック)でも使われている『ビーフィーター』。取材時にはコノリー氏自らがジン・トニックをステイして作り振る舞ってくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『ビーフィーター』の風味はそのままに、トニックウォーターとライムでさっぱりとした飲み心地になるジン・トニック。とりわけ脂身の多い肉料理との相性が最適ですが、それだけで飲んでもすっきりと美味しいのです。

なかなか自宅で瓶を買うというところまで至らないジンですが、大抵のバーには常備されているので、ジンベースのカクテルを頼んでみるというのもおすすめ。ジン・トニック自体のレシピは簡単なので、ハマったという人は家で作ってみることに挑戦してみるというのも良いのではないでしょうか。

ビーフィーター -BEEFEATER-(サントリー)
http://beefeater.jp/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき