ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『ハンター×ハンター』連載再開が決定! ネットの声「どん兵衛すげえ」「どん兵衛ありがとう」

jump_hunter

今年9月4日発売の『週刊少年ジャンプ』40号を最後に休載していた人気漫画『HUNTER×HUNTER』(作者・冨樫義博)が、2018年1月29日発売の同誌9号より連載を再開することが分かりました。本日12月4日発売の同誌1号にてアナウンスされています。

今年6月に約1年ぶりの連載再開を果たした後、10話分を掲載したところで休載となっていた『HUNTER×HUNTER』。冨樫先生が「日清食品様に復活賞として、どん兵衛いただいたので年内にもう1回復活します<義博>」と巻末コメントを寄せていたことから、早期の再開が期待されていました。年内は叶わなかったものの、年明け早々のカムバック決定に「超朗報!」「待ってました!」「思ったよりも早かったな」「やれば出来る子」などと、ネット上には歓喜の声が数多く寄せられています。

また、「どん兵衛ありがとう」「どん兵衛買ってくるわ」「毎週どん兵衛送りつけろ」と、連載再開を少なからずアシストしたであろう日清の『どん兵衛』に感謝する声も。

現在は暗黒大陸を目指す船内にて、カキン帝国の王子14人による王位継承戦の模様が描かれている同作。欅坂46の人気メンバー平手友梨奈さんにそっくりなキャラクター(念人形)が登場するなど、気になる要素が山積みになったままなのですが、早くも「今度は何週続くのか」に注目が集まっています。

関連記事:【ハンター×ハンター】冨樫義博先生が欅坂46にハマっていることが判明 メンバーと楽曲名を最新話に反映
https://getnews.jp/archives/1883074

※画像は2017年6月26日発売の『週刊少年ジャンプ』30号の表紙より

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき