体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

熱海のおすすめ純喫茶とレトロな温泉街の味わい方

熱海のおすすめ純喫茶とレトロな温泉街の味わい方

何の前触れもなく「旅に出たい!」と思うことはありませんか? そんな時、着の身着のまま思いついた電車に飛び乗れたらよいのですが、なかなかそうはいかないもの。次の長い休みを待つのももどかしい時は、たとえ一泊二日だとしても、普段暮らす街から少し離れるだけで気分転換になるものです。
唐突に飛び出したくなった時に思いつくのは、いつも鎌倉と熱海でした。鎌倉は日帰りでも充分楽しむことができるので、今回はもう少し足を延ばして熱海へ。私なりの熱海の楽しみ方を、ご紹介させていただきます。

熱海の個性的な街並みを散策

熱海は静岡県にあるため、都内からだと一見遠いように思えますが、東海道新幹線を使用するとJR東京駅からたった45分ほど。座って落ち着いた頃、うとうとする間もなく到着します。

JR熱海駅 JR熱海駅からの風景

かつて、企業の社員旅行や団体旅行でにぎわった面影には及ばずとも、昨今の熱海人気は盛り返し、駅前には旅が始まる期待にあふれた、たくさんの方の笑顔を見ることができます。
熱海の魅力は、海があって山がある地形、おいしい食べ物、そして温泉。人によって目的が違っても楽しめるところが素晴らしいのですが、私の目的はいつも、純喫茶巡りと散策です。

熱海 看板 熱海 建物 熱海 猫

駅前は最新のビルに生まれ変わりましたが、少し歩くとまだ昔の状態のまま残っている道や建物が多く、見どころにあふれているのです。
例えば、看板。どこかで見たことのあるような統一されたデザインではなく、その店舗にしかない個性を見つける楽しさ。次に、建物。きれいで整ったビルもよいですが、さまざまな素材でつくられた時代ごとの造形の興味深さ。路地裏で見つけた猫のあとをしばらくつけてみる遊びなど、日常とは違うことをしてみるのも楽しい時間です。

熱海 仲見世名店街 看板 熱海 温泉まんじゅう

そうこうしているうちに数時間経過していることはざらで、なかなか前に進まない旅の常。駅前の仲見世名店街では熱々のまんじゅうを食べたり、軒を連ねる土産物店で誰かへの贈り物を買ったり。

熱海 坂道 熱海 海

アーケードを抜けてからも予定を決めずにのんびり歩いていると、急に差し掛かる坂道。右にも左にも気になるお店がたくさんありますが、交通量も多いので、安全にはどうぞお気をつけて。海が見えるスポットにくると「熱海にやってきたなあ」と実感します。その先には飲食店も多い「熱海銀座」。近隣には「ボンネット」「パインツリー」「でんえん」などの純喫茶のほか、行列ができる洋食店「スコット」なども。

ジャズを“体で聴く”喫茶店

気の向くまま歩いているうちに、あっという間に午後になったので、まずは1軒目の純喫茶へ。

ジャズ喫茶 ゆしま 外観

花街の面影を感じることのできる艶めかしい建物がまだ残る中央町の「ジャズ喫茶 ゆしま」。インパクトのある黄色いドアが目印です。
1952年に純喫茶として営業を始め、1966年よりジャズ喫茶になり、現在65年目。「ゆしま」という店名は、店主である土屋行子さんが、かつて東京都の湯島で暮らしていたことから名付けられたそう。熱海に来たのは疎開のためだったとか。
先ほど気になったドアは、よく見ると顔がデザインされています。これは店主の息子さんが制作したとのこと。

1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy