ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シン・ゴジラ地上波放送で『無人在来線爆弾』はカットされた? されてない? 答えは……

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9

2017年11月12日、テレビ朝日で『シン・ゴジラ』が放送されました。興行収益81億越えとなった本作品が地上波で放映されるのはもちろん初めて。

放送前には過去作品による『ゴジラ』特集も組まれ、視聴者の期待も大いに高まりました。

しかし地上波では放映時間の都合でカットされることも少なくありません。『シン・ゴジラ』ほどの人気作品ともなると「どこがカットされているのだろう」と注目しながら観ている人もTwitter上で多数見受けられました。

ネットユーザーが最初に食いついたのは、消防士役である小出恵介さんのシーンがカットされていたときでした。

しかしそれ以降は適度なCMを挟みつつも、放映は順調に進みます。が、物語の後半にしてクライマックスである『無人在来線爆弾』のシーンで、「あれ? 無人在来線爆弾、カットされてる?」という声がTwitter上で散見し始めます。

・あ?無人在来線爆弾カットした???
・1発目の無人在来線爆弾カットした??
・まさかの無人在来線爆弾一部カットとかありえんだろ?!
・無人在来線爆弾カットとか無能すぎか
・何故無人在来線爆弾をカットした・・・

Twitterで「無人在来線爆弾 カット」とすると多くの書き込みがヒットします。

しかし、結論から言うと、無人在来線爆弾のシーンはカットされていません

大まかなシーン構成としては、つぎのようになっています。

・無人在来線爆弾 新幹線N700系の発車(発射)※BGM:『宇宙大戦争マーチ』
・無人爆撃機投入
・ビル倒壊でゴジラ固定
・凝固剤第一弾(失敗)
・無人在来線爆弾 中央快速線、山手線など ※BGMはチェンジ

「カットされた!」と勘違いしてしまったのは、新幹線のシーンと通勤電車のシーンがごっちゃになっていたのが原因と言えそうです。

しかしながら、何度も『シン・ゴジラ』を観ているはずの筆者も、検証で録画を観ながら「あれ、こんな順番だったっけ」と少し不安になったのは確かです。情報量の多い作品ならではの混乱とも言えそうですね。

チャッキー香川の記事一覧をみる
チャッキー香川

記者:

「おやっ?」と思うことを忘れないように暮らしているふつうの人です。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。