体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

貴重なオールドボトルが1500本!1杯300円から飲める「お酒の美術館」【京都】

f:id:mesitsu_lc:20171010170204j:plain

こんにちは、ウイスキーのオールドボトルも愛してやまない、メシ通レポーターの西尾明彦です。今回ご紹介するのは、貴重なオールドボトルをリーズナブルに飲める「レトロパブ お酒の美術館」です。

オールドボトルとは、一般的に、ボトルに詰めてから10年以上経ったウイスキーやブランデー、リキュールなど、アルコール度数が高い蒸留酒のことをいうようです。

10年ひと昔といいますが、10年も経てば、同じ銘柄のお酒でも大抵は微妙に味を変えています。そして瓶詰め後も、時間の経過とともに、少しずつ味は変わり続けます。そんな理由でオールドボトルは、普通に売られているお酒、いわゆる現行ボトルとは違う味わいが楽しめる、というわけです。

f:id:mesitsu_lc:20171010170616j:plain

「レトロパブ お酒の美術館」は、そんなオールドボトルの宝庫とか。

場所は京都三条烏丸、最寄り駅は地下鉄の烏丸御池駅。大正9年に建てられた珍しい木造の洋館建築、文椿ビルヂングです。

レトロ酒場に、これほど素敵な立地はなかなかありません。

f:id:mesitsu_lc:20171010170623j:plain

階段を上がった2階にあります。

まずは店内を見学です。

f:id:mesitsu_lc:20171010170347j:plain

店内には壁一面にボトルがずらり。

f:id:mesitsu_lc:20171010170601j:plain

天井高4メートル、広々とした店内、ぜいたくな空間です。

f:id:mesitsu_lc:20171010170444j:plain

こちらは喫煙室。店内は完全分煙です。

f:id:mesitsu_lc:20171010170725j:plain

ワインセラーもあります。

「フランスを中心に、ビンテージワインも置いています。グラスワインはボトル替わりで、600円でお楽しみいただけます」と、店長の藤本大樹さん。

90年代以降の「ドンペリ(ドン・ペリニヨン)」がボトル1万5,000円均一とは、かなりお得です。

f:id:mesitsu_lc:20171010170535j:plain

「オールドボトルを中心に、お店にあるのは1500本ほどです。現行ボトルが1〜2割、特級ボトル(1989年に改正される以前の旧酒税法時代のボトル)が7割くらいです」

「スコッチウイスキーを中心に、日本のものなら『サントリー 角』 や『ダルマ(オールド)』、『ブラックニッカ』、『G&G』など、懐かしい終売品や、珍しいものでは特級の『山崎12年』など、いろいろありますよ」

f:id:mesitsu_lc:20171010170029j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。