体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ほぼイタリアン】名古屋「ラーメン&バル ピオーネ」がラーメン店にしてはビビッド過ぎるメニューを出している

f:id:Meshi2_IB:20170918115932j:plain

カルボナーラ風やトマトソースなどのラーメンをときどき見かける。これらのメニューの意図するものは、いったい何なのだろう。

「ラーメンが食べたいけど、カルボナーラも食べたい」という欲張りさんに向けたものだろうか。とはいえ、ラーメン店の看板を掲げている以上、ほとんどは「ラーメン>イタリアン」という図式になる。

つまり、どこまでもイタリアン「寄り」にすぎないということだ。

ラーメン店らしくない店構え

しかし、そんなちまたのお店とは完全に一線を画するお店が名古屋市内、地下鉄東山千一社駅前にあるという。

2017年2月にオープンした「ラーメン&バル ピオーネ」がそれらしい。

f:id:Meshi2_IB:20170915183918j:plain

もう、お店の外観からしてラーメン店には見えない。

そして、おしゃれな外観を期待を裏切らないインテリア。

f:id:Meshi2_IB:20170915183928j:plain

しかも、「&バル」って何なんだよ(笑)。

たしかに、今や肉バルやら和バルやら街中バルだらけである。が、バル業態のラーメン店というのは、無理があるような気がする。

店内もラーメン屋さんというよりは、完全にダイニングバー。いったい、どんなラーメンを食べさせてくれるのだろうか?

f:id:Meshi2_IB:20170915183953j:plain

この方が店主の寺戸敬典さん。お店を始める前はイタリアンのシェフだったという。

「ラーメンが大好きで、いろんなお店を食べ歩くだけでは満足できなくなって、お店を始めました。ラーメン作りに関してはまったくの素人だったので、いろんな本を読んだんですよ。ところが、これといって決まりがあるわけではないことがわかりました。要するに、おいしければ何でもアリなんですよ。それなら、イタリアンの手法をいかにラーメンにいかすことができるのか挑戦してみようと思ったんです」(寺戸さん)

二度おいしい看板メニュー

では、さっそく「ラーメン&バル ピオーネ」のメニューを紹介しよう。

f:id:Meshi2_IB:20170915184003j:plain

これが看板メニューの「イタリアンまぜめん ロッソ(赤)」(980円)。

トマトソースは5時間じっくりと煮込んだ自家製。具材には紫玉ネギや青ネギ、ブロッコリー、トマトなど野菜がたっぷり入るほか、サイコロ状にカットしたイベリコ豚のサラミや粒状のモッツァレラチーズも。

f:id:Meshi2_IB:20170915184023j:plain

麺は特注の極太麺。しっかりと混ぜて、いただきま~す!

ん!? ソースの中にトマトのうま味と酸味、香味野菜のコクが凝縮されている。紫玉ネギやブロッコリーの食感も心地良い。これはパスタなのではと錯覚してしまうほど。

「味のベースとなるのは、たっぷりの香味野菜やハーブとともに煮込んだチキンスープ、ブロードで、すべてのメニューに使っています。これが深いコクを生み出し、パスタとはまた違った味わいになるんですよ」(寺戸さん)

つまり、ソースに食材のうま味を凝縮させたパスタと、チキンと香味野菜のダシで味わうラーメン、それぞれの長所を合体させたのが、ここのラーメンなのだ。

あまりのうまさに一気に食べてしまった。余韻に浸っていると「イタリアンまぜめんのお楽しみはまだまだこれからですよ」と、店主が皿に盛られたご飯と粉チーズを持ってきた。

f:id:Meshi2_IB:20170915184034j:plain

まっ、まさかこれは……

f:id:Meshi2_IB:20170915184051j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。