体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アクアマンとサイボーグを知れば映画がもっと楽しくなる! 『ジャスティス・リーグ』原作設定を総ざらい

jl_special

原作のキャラクターを知ることで、映画が何倍も何十倍も楽しめるかも! ということで、いよいよ11月23日(木・祝)に公開の映画『ジャスティス・リーグ』から、今回はあえて……いや、今こそ語るべき2大超人、荒くれ者の海の王“アクアマン”と人間デジタルデバイス“サイボーグ”に大注目。

バットマン、ワンダーウーマン、フラッシュにも負けない超個性的な2人のキャラクターに迫るべく、数々のアメコミ翻訳も手掛けるアメコミライターの光岡三ツ子さんを直撃! 原作の設定やエピソードなど、豊富な知識をもとにした濃厚トークをお届けします。

バカにされがちなキャラ設定? 映画では格好良いアクアマンに期待!

justiceleague_main

――今回はアクアマンとサイボーグについて教えていただきたいのですが、そもそも、原作のジャスティス・リーグでもお馴染みのメンバーなのでしょうか。

光岡三ツ子さん(以下、光岡):アクアマンは1960年の創立メンバーのひとりですが、サイボーグは2011年にスタートした『THE NEW 52!』という新シリーズから参加しました。アメコミによくあることで、時代にあったDCコミックスの意義を捉え直すためや、新しい読者を獲得するためにヒーローたちの物語もリニューアルを繰り返しているんです。同じジャスティス・リーグでもたくさんの設定があって、現在のDC映画シリーズは歴代シリーズを意識しつつも、この『THE NEW 52!』など現在連載中のコミックと連動しながら展開されています。

ShoProBooks

▲『ジャスティス・リーグ:誕生(THE NEW 52!)』(小学館集英社プロダクション)

――では、その『THE NEW 52!』で描かれる設定に沿って、まずはアクアマンのオリジンからお願いします。

Aquaman

光岡:海底王国アトランティスの王女と地上の灯台守の間に生まれたのが、アクアマンことアーサー・カリーです。普通の人間のふりをして成長しますが、自身のルーツを辿り、アトランティスの王位を巡る戦いに巻き込まれていきます。王座に就いてからはアトランティンス人と人間のハーフという出自に思い悩み、一度故郷を離れたところでジャスティス・リーグに参加することになります。

――まさにヒーローの素質満点のキャラクターですね。

光岡:でも、長年の人気を保ってきたキャラでありながら、時にアクアマンは影が薄くなりがちでした。水中では無敵、地上でも怪力を誇るヒーローですが、アトランティスの王ということは、地上での活動が制限されるわけです。あとは神話を基にしていたり、海の中の物語だったり、ドラマの展開が難しいキャラクターというのがその要因かもしれません。

――ジャスティス・リーグの創立メンバーなのに、影が薄いキャラクターなんですね。

光岡:その一方で、いじられキャラでもあるんですよ。お寿司にまつわるジョークのネタになったり、『ビッグバン☆セオリー』という海外ドラマでは、ハロウィンでジャスティス・リーグのコスプレをすることになっても、誰もアクアマンに扮装したくないというギャグに使われたり。

――愛されキャラと言えばそうですが、ちょっとかわいそうです(笑)。

光岡:1970年代の『スーパーフレンズ』という低年齢層向けのアニメシリーズに登場したことで、アクアマンは悪と戦うヒーローというよりも、「海洋生物と喋る人」というイメージが強烈に定着してしまったんですよね。アニメでは、海藻に絡まっちゃって魚に助けてもらうとか、格好悪いエピソードが多く放映されていました。子どもたちにとっては魚と話せるという能力がキャッチーで、タツノオトシゴとかイルカと仲良くする姿がフィーチャーされました。

――7つの海を支配する王のはずなのに……。ちなみに、原作ではヒゲ面じゃない姿の方がメジャーなんですか?

Aquaman

光岡:90年代にリニューアルして、海賊のようなワイルドな風貌になった時期があったんですけど、その後はまたデビュー当初の姿に戻りました。ちなみに短気な性格は、「海の男=荒くれ者」というイメージから来ているようです。映画では90年代の姿を採用して、アニメ版で世間に定着したダサいイメージが一新されています。(アクアマンを演じる)ジェイソン・モモアをバカにできる人なんていないですよね。

――絶妙なキャスティングですね。魚と話す設定は映画でも活かされそうでしょうか。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。