ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【粒揃い】傑作映画発掘フェス『のむコレ』ホラー系映画ラインナップ! 『REC』監督最新作にベビーシッター・スリラーも[ホラー通信]

東京・シネマート新宿大阪・シネマート心斎橋で新たな映画発掘フェスが10/28よりスタート! その名も『のむコレ』。の、のむ……? 番組編成担当の“野村さん”が選りすぐった作品を上映するから『のむコレ』だそうです。覚えて帰ってね!

あなたの今年のNo.1が決まらないのは、これらの映画を観ていないからです――

そんな不敵なキャッチコピーの『のむコレ』から、ホラー・スリラー系作品をご紹介いたします。

まずは、ジャウマ・バラゲロとともに『REC/レック』シリーズを世に送り出したパコ・プラサ監督の5年ぶりの最新作『エクリプス』。亡くなった父と話をしたいベロニカは、同級生らとともに“ウィジャ・ボード(降霊術用ボード)”を使って霊を呼び出そうとしますが、その日以来彼女の体や周囲に異変が起きはじめ……。予告編の「ベ~ロニカ、ベ~ロニカ…」と、絶叫するヒロインの顔が怖すぎて、既にトラウマになりかけております……。

霊続きでもう一作いきましょう! 『フェブラリィ-悪霊館-』。全寮制学校の冬休み、なぜか両親が迎えに来ず取り残されてしまったキャサリンとローズ。二人っきりの学校で、恐ろしい幻影や不可解な現象に巻き込まれ……。こちらの作品、『サイコ』のノーマン・ベイツ役で知られる怪優アンソニー・パーキンスのご子息、オズ・パーキンスの初監督作品。幼い頃から俳優をしていたオズは、なんと『サイコ2』で幼いノーマン・ベイツ役も演じていたんだそう。

続いて、韓国の女性監督イ・オニが贈る戦慄のサスペンス・スリラー『女は冷たい嘘をつく』。離婚した夫と、1歳の娘の親権をめぐる調停中のジソン。ところがある日、住み込みの中国人ベビーシッター・ハンメが、娘とともに姿を消してしまいます。警察も親族も誰も信じてくれず、自作自演を疑われるなか、ハンメの経歴がすべて嘘であったことが発覚。そして明らかになる、“嘘よりも恐ろしい真実”とは……? 韓国でラブコメ女王として名を馳せるコン・ヒョジンが、謎めいたベビーシッターを見事に演じます。

最後はオーストラリア発のパニック・スリラー『デンジャラス・ドライヴ』。目覚めたらそこは車のトランク……そして車の中から聞こえる会話で判明したのは、自分は3日後に殺されるということ! 車に乗っているのは冷酷な殺し屋とその依頼主。彼はなぜ殺されるのか? そして殺されずに済む手立てはあるのか――? 監督は、これが初長編となるジェイ・ホッグ。

以上、ホラー・スリラー系作品4作をご紹介しました。どれを観ようか迷うところですがどれと言わず全部観たい。『のむコレ』の上映作品は通常よりちょっぴりお得な鑑賞料金1300円。上映スケジュールを公式サイトでよくお確かめの上、お出かけくださいね。

『のむコレ』は10/28よりシネマート新宿、シネマート心斎橋でスタートです。どうぞ、お楽しみに!

『のむコレ』公式サイト:http://www.cinemart.co.jp/nomu-colle/

(c) 2017 Apache Films / Expediente la Película A.I.E.Todos los derechos reservados.
(c)2015 February Film Production Inc. All Rights Reserved.
(c)2016, DICE FILM & MEGABOX PLUS M, ALL RIGHTS RESERVED.
(c)Enjoy Productions.

ホラー映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp[リンク]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy