体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

非常識になってるかも!?お見舞いのマナー【お見舞い品の選び方まで】

非常識になってるかも!?お見舞いのマナー【お見舞い品の選び方まで】

入院中の面会はとてもデリケートなので、お見舞いに行く場合はマナー違反にならないよう気をつけなくてはいけません。また持参する品物にも細心の注意を払う必要があります。入院のお見舞いの品の選び方について分かりやすくご紹介します。

お見舞いの基本マナー

© PIXTA

友人や親類の入院報告を受けると心配になって慌ててしまいますよね。急いで駆けつける前にまずは、基本的なお見舞いのマナーを知っておきましょう。ポイントを押さえて、失礼に当たらないお見舞いを心がけることが大切です。

 

お見舞いの基本マナー

お見舞いに行っても良いか確認を行う
入院中、本人やその家族は落ち着かない時間を過ごしています。身の回り品が届いていないことも考えられますので、あまり急いで来られると困らせてしまうでしょう。まずは入院された方の家族に「お見舞いに行っても差し支えないか」の確認を行うことが大切です。
状況を知るためにまずは、「入院された方の容態が落ち着いた頃にお見舞いに伺わせてください」とご家族にお伝えしてみてはいかがでしょうか。

 

お見舞いに行く前には時間の確認をしておく
入院したばかりの頃は、手術、検査など療養する時間が必要になります。面会できる時間をご家族と本人に確認をしてからお見舞いにいきましょう。

 

お見舞いの滞在時間は相手の状態に配慮して
入院中は、疲れやすいものです。できるだけ20~30分以内にはお暇するよう心がけましょう。

 

入室時に眠っている場合は、家族や看護師にお見舞いに来た旨を伝えて帰る
お見舞いに行った際、入院されている方が眠っている場合は、無理に起こさないこと。訪れたことを家族や看護師に伝え、お見舞い品を預けましょう。入院されている方の体調に配慮する気持ちがが大切です。

 

香水やお化粧に気を配る
お見舞いに行くときには、香水をつけることは避けましょう。病院内では強い香りのするのもは避けるのが基本的なマナーです。
また、過度なお化粧も控えるべきですので、お見舞いに行く際にはナチュラルメイクを心がけましょう。

 

お見舞いに行かない方がいい場合もある

次のようなときには、お見舞いに行くことを避けましょう。

入院期間が短期の場合
入院といっても1~5日程度の短期間の場合もあります。
お見舞いに行くとかえって気を使わせてしまう可能性があるのでお見舞いには行かず、退院後に会う時間を設ける方が良いでしょう。

 

面会が制限されている場合
事前確認の際に、面会が制限されていることが分かったらお見舞いを控えましょう。どうしても気持ちを伝えたいならば、「落ち着いた頃」病院に行けるかどうかを確認してください。

 

自分自身が体調不良のとき
病院内は、「菌を持ち込まない」ことが大切です。あなた自身が風邪をひいてしまった場合はお見舞いを見合わせましょう。

 

お見舞いの品の平均相場と選び方

お見舞い品の金額の相場、選び方などをご紹介します。

 

平均相場について

家族や親類は、身近な存在ということもあり比較的高額ですが、あまり金額をかけすぎてしまうと恐縮させてしまう可能性がありますので、大きく外れないようにしましょう。
また、家族や親戚、会社など連名でお見舞い品を贈る際には、上記金額を目安に複数人でお金を出し合って贈ってみてもよいでしょう。人数が多くなったからといって高額なものを贈ってしまうと、入院されている方が退院時の「お見舞いお返し(快気祝い)」を選ぶ際に困らせてしまいます。

 

食べ物や飲み物の選び方

© PIXTA

入院中の手土産におすすめの食べ物や飲み物をご紹介します。食べ物や飲み物を手土産に渡す場合は、相手の病状や元々のアレルギー等に配慮が必要です。食事制限を受けていることもありますので、口にできないものがないか事前に確認しておきましょう。

日持ちのする焼き菓子
個人で使える冷蔵庫がない場合もあるため、常温で日持ちのする焼き菓子の手土産は喜ばれます。ボロボロになりやすいものは避け、個包装になっている食べやすいものがいいでしょう。

 

ゼリーやプリン
水分を含んでいて口当たりの良いお菓子は、食べやすいのでおすすめです。多少日持ちのするものを選ぶと良いでしょう。

 

フルーツ類
フルーツはお見舞いの定番品ですが、生ものなので賞味期限も早く、食べる際に包丁が必要になる場合もあります。本人からのリクエストがなければ、缶詰などの加工品を持参するのが望ましいでしょう。

 

ふりかけ
病院食は味が薄く、味気ないと感じる人も多いですね。治療上問題がなければ、ごはんにサッとかけるだけで簡単に味を変えられるふりかけは喜ばれます。

 

飲み物
飲み物の手土産は、入院中に重宝します。本人に飲んでもらうほかにも、付き添いのご家族にも配ることができるので便利です。

 

入院生活中に使ってもらいたいものの選び方

© PIXTA

入院中に使う実用的なグッズの差し入れも、とても喜ばれるでしょう。入院生活に必要なアイテムは既に持っている品物と重複してしまわないよう、こちらも事前に確認しておくと良いでしょう。
病状によっては使えないアイテムもあるので配慮が必要です。

タオル
入院中の洗顔やお風呂、枕カバーの代わりなどに使えるため、清潔なタオルは便利でとても喜ばれるでしょう。

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。