体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本日発売! 卵かけご飯専用マシン『究極のTKG』は本当に究極なものが作れるのか!? さあ、おためしの時間だ

 

『究極のTKG』と聞いて、あなたは何を思い浮かべるだろうか? TKGとは、卵かけご飯の略称。そして10月26日に発売となる『究極のTKG』は、卵割り機能を内蔵した卵かけご飯専用マシンだ。ワンタッチでフワトロな卵かけご飯が完成するといい、商品化が発表された段階でSNSを中心に話題となっていたが、その使用感はいかに…!? 発売前に試してみた!

あえて機械の力を借りてまで…。“卵かけご飯専用マシン”の魅力とは?

『究極のTKG』(希望小売価格 税抜3,500円・2017年10月26日発売)を発売するのは、老舗玩具メーカー・タカラトミーアーツ。卵かけご飯専用マシンと聞いて、初めは「なんでも自動にすればいいってもんじゃないだろ~」と思ったが、「白身がメレンゲ状の卵かけごはんって、確かにおいしそうかも…」と、説明を読めば読むほど魅力的に見えてきた。

ブラックを基調にTKGが全面にデザインされたパッケージは、どこか男らしい印象。横にはマシンの使い方と、“究極のTKGを実現するための3大機能”が示されている。

裏にはアレンジレシピが掲載。なるほど、単なる卵かけご飯ではなく、自分なりに具材を加えることでよりTKGを楽しむことができるというわけか。なんだかワクワクしてきたぞ!

フワトロ卵かけご飯を作ってみよう!

重量は450g、サイズはW112mm×H132mm×D132mm単2形アルカリ乾電池2本が必要だが、別売りなのでご注意を。

本体も黒なのでクッキングトイっぽくなく、“TKG”というロゴもなんだかオシャレ…かも?

それではさっそく調理開始。用意するのは『究極のTKG』と卵1個、そしてアツアツのご飯に醤油、以上。まずは生卵を水で洗い、ふきんなどでよく拭いておく。

マシンのフタを外してストッパーを外側に倒す。タマゴホルダーに卵を殻のままセットし、フックに押し込むようにフタをする。

続いて、本体を押えて上部にあるチョップボタンをたたく。これ“軽く”叩くのがポイント。記者は初回、気合いを入れて強く叩きすぎたことで、殻が黄身トレイに落下するというアクシデントが発生。あくまで殻にヒビを入れることが目的なので、強く叩く必要はまったくないので注意してほしい。

ということで、ボタンを軽く叩いて生卵にヒビが入ったら、ストッパーをもとに戻して、ホルダーボタンを奥までグッと押し込む。今度は上手に殻から生卵が出てきた!

タマゴ割りユニットをはずし、いよいよホイップスイッチをオン! このとき、黄身トレイに結構白身が残った状態で失敗では!?と思ったが、説明書によると白身が全部落ちていなくても、撹拌すると自然に落ちるらしいので気にせず撹拌スタート。

「ブイーン」というモーター音とともに、みるみる白身が泡立ってきた。すごいすごーい! 黄金に輝く黄身の下で、すさまじい勢いで白身が回り回る様子は爽快で、これは大人でもテンションが上がる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。