体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

30代女性が「仕事力を高め、キャリアを前進させる」ために必要なこと【女性活躍支援イベントレポート】

リクルートキャリアとパソナキャリアの女性活躍支援プロジェクトチームの共催イベント「キャリージョ・エンカレッジ・プログラム」。9月9日、第2回目となるイベント『30代ワーキングウーマンのための仕事力の高め方』が開催され、100名を超える女性が集合しました。

本イベントは三部構成。第一部が株式会社グロービスの林恭子さん、浜屋祐子さんによる基調講演、第二部がリーディングカンパニー4社の女性管理職によるパネルディスカッション。そして第三部では、林さん、浜屋さん、パネラーとして登壇した女性社員と参加者によるキャリア座談会が行われました。

先日、第一部の林さんの講演内容を中心にリポートしましたが、今回は女性管理職4名による第二部:パネルディスカッションの模様をご紹介します。

f:id:itorikoitoriko:20171019184714j:plain

(登壇者紹介)

株式会社ローソン 山口恭子さん

アクセンチュア株式会社 長谷川紀子さん

株式会社セールスフォース・ドットコム 成田麗子さん

株式会社リクルートジョブズ 脇 みずきさん

登壇者は全員女性管理職。働きやすい環境を活かしつつ、自らキャリアを切り開く

今回の登壇企業4社はいずれも、女性の働きやすさ、働きがい向上を支援する制度を整備しています。その中で、パネルディスカッションに参加いただいた4名の女性リーダーは、家庭と両立しながらステップアップしてこられた方々です。

まずは、キャリアを切り開くベースとなった「自身の強み」について、それぞれ語っていただきました。

「やりたいことは声に出して言う」を徹底

コンビニエンスストア大手のローソン。人事本部人事企画部部長の山口さんは、自身の強みとして「コミュニケーション力」を挙げました。

f:id:itorikoitoriko:20171019184711j:plain

「私は出産後に復職した際に、人事部採用チームに入りました。その際、新卒や中途の面接に数多くかかわったのですが、一緒に担当した当時の部長から『山口さんは話を引き出すのがうまいね』と褒められたんです。それがとても嬉しくて、コミュニケーションをもっと極めたいと思うように。子どもが小学校に入学したタイミングで夫に『土日だけ学校に行かせてほしい』とお願いし、夫の協力を得ながらカウンセリングの勉強を始めました。これが私の強みのベースになっています」

そんな山口さんがキャリアを切り開くきっかけになったのは、「育児と仕事を両立しながら、今の自分に何ができるのか、もがきつつ考え抜いていた」時期に、一歩離れて会社を俯瞰してみたこと。

「当時のローソンは、社員に対する取り組みが手薄な部分がありました。体系立てて仕組み化すべきだと考え、勇気を振り絞って人事担当役員に提案してみたんです。すると『やってみたら』との答え。私の性格的に、役員に直談判するのはとても勇気が要ったのですが、手を上げれば受け入れられる風土があったこと、上司に理解があり、やる気がある部下に任せる姿勢だったこともあり、チャンスをいただくことができました。このような経験を積むことで、強みを磨けたのだと思っています」

「2年前に部長に就任したのですが、以前の人事担当役員から『お詫びの会をしたい』と言われました。私が育児と仕事を両立していた時期、『山口さんは今大変な時期だから、仕事の負荷をかけてはいけないんじゃないか』と勝手に考えていた、とのこと。『もっと早く意見を聞き、どんどんチャンスを与え、早く昇進させてあげればよかった。そのことが悔やまれる』と言ってくださったんです」

この経験から、仕事やキャリアについての自分の希望や考えは、自ら発信しないと気付いてもらえない、どんどん上司に伝えるべきなんだと気付いた…とおっしゃいます。

新しいことに着手したいときは、現状から何かを削除すれば負荷がない

外資系総合コンサルティング会社であるアクセンチュア。人事部中途採用Associate Managerの長谷川さんが挙げた強みは「決断力」です。

f:id:itorikoitoriko:20171019184708j:plain

「周りを見渡してみたとき、かっこいいと思える人はみんな決断が速いことに気づき、『決断力さえ高められれば、私もすごそうに見えるのではないか?』と考えました(笑)。そのため、何か質問されたら瞬時に答えられるようにしようと決めたのですが、いくら即答できても、根拠がないと胡散臭い。だから根拠を作るために情報収集を徹底し、ひたすら勉強しました。物事を決断する際には、それを阻害する何らかの『不確定要素』があるものですが、その不確定要素をとことん突き詰めることでジャッジメントしやすい状態を作ることも徹底しました」

長谷川さんは現在、5歳と2歳の子どもを持つワーキングマザー。

「子どもを産んだら、しばらくは保育園の関係で17時には帰らなければならない。それでも2人目の出産時は『子育てをしながら、もっと仕事にドライブをかけたい』と考え、夫に協力してもらうことにしました。夫は夜遅い仕事をしているので、『私は仕事を朝にシフトするから、朝の家事・育児をお願いしたい』と協力を仰ぎました

なお、長谷川さんは無類の「削除好き」。なにかやりたいことがあったら、まず「今の業務を削減する」のだとか。「現状、優先度が高い業務は何かを考え、下位の業務を見直して大きく捨ててから新しいことに着手すれば、負荷がかからないですよ」

壁にぶつかったときは、周りの意見ややり方を徹底的に「真似する」ことも必要

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。