ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今夜のおかずにアツアツのコロッケとミンチカツ、そして焼豚はいかが?【京都】

f:id:mesitsu_la:20170910162409j:plain

選び抜かれた和牛だけが店頭に並ぶ精肉店

こんにちは。メシ通レポーターの泡です。

秋になると、湯気ほわほわな食べ物が恋しくなりますよね。

揚げたてコロッケなんて最高じゃないですか?

そんなわけで、今回は「京都水族館」にもほど近い、七条壬生川(ななじょうみぶがわ)にある精肉店「イマムラ総業」のコロッケをご紹介します。

f:id:mesitsu_la:20170910155045j:plain

市バスのバス停「七条壬生川」を降りてすぐ。七条通の北側にあります。

f:id:mesitsu_la:20170910155135j:plain

真っ赤なテントが目印。

f:id:mesitsu_la:20170910155240j:plain

「和牛専門店」の文字にテンションが上がります。

f:id:mesitsu_la:20170911124358j:plain

創業は1937(昭和12)年。山科や北区での営業を経て、この地に移転してきたのが1947(昭和22)年。

これはその時の記念写真。(※写真提供:イマムラ総業)

左から4番目の男性が初代社長。農家に生まれ、「肉をようけ食べたい」という思いから肉屋さんになったと語り継がれているのだそう。

f:id:mesitsu_la:20170910155628j:plain

現在は三代目の今村保徳さんがのれんを守っています。

「イマムラ総業」で扱うのは、黒毛和牛のみ。

しかも、問屋から仕入れるのではなく、直接市場で一頭買いをして自社工場でさばくというからすごいではありませんか。

「うちでは得体の知れない肉は絶対に扱いません。すべての牛の『枝肉検査合格証明書(放射能セシウムスクリーニング検査)』、『子牛登記(血統書)』、『出荷牛履歴証明書』を保管していて、血統やどんな餌を食べて育ったか、どんな人たちが育てたかがわかるようになっています」

今村さんの目利きで仕入れた極上の黒毛和牛は、近くにある自社工場で約500kgの身を部位ごとに切り分け、骨を丁寧に1本ずつ外す「脱骨」という作業を経てから店頭へ運ばれます。

そうすることで、肉がどのような状態なのか、霜降りの加減はどうなのかを細かくチェックできるのだそう。

「現在はこの作業ができる職人が減っていて、自社でこのようにさばく精肉店は全国でも珍しいと思います。それに500kgの肉塊をクレーンで吊り上げて電気のこぎりで切るような施設もそうそうないですしね。うちではおかげさまで伝統的な“さばき”の技が継承されているんです」

f:id:mesitsu_la:20170910155737j:plain

店頭にもこのような証明書が貼り出されています。安心!

f:id:mesitsu_la:20170910160653j:plain

店内の加工場では熟練の職人さんが肉を切り出して行きます。

この端肉がコロッケに!!

f:id:mesitsu_la:20170910160732j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。