ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋葉原に最新設備型のカプセルホテルがオープン! PC作業も可能な半個室が便利過ぎる!!

宿泊施設の開業が相次ぐ秋葉原に新たなカプセルホテルが誕生する。10月17日(火)、ダイヤモンドダイニンググループの株式会社バグースは、地下1階、地上10階建てのカプセルホテル「GLANSIT AKIHABARA(グランジット アキハバラ)」をオープンする。料金は、宿泊プランが3,500円から、休憩プランは980円から(税込)。場所はUDXビル近くにある「ばんから 秋葉原店」や「アキバ田代通り店」近く。

本記事では、本オープンに先駆けて行われた内覧会の様子をお届けする!

コンセプトは「洗練×快適性」

「GLANSIT AKIHABARA」は、漫画喫茶などで有名なバグースの新規事業となるカプセルホテル。バグースが得意とする快適・洗練された空間づくりのノウハウを活かし、スタイリッシュな中にも自然をモチーフにした安らぎある空間と最新の設備を有している。空間デザインは、国内外で活躍するデザイナー・森田恭通氏が代表を務める「GLAMOROUS.,Itd.」が担当。

フレキシブルな滞在プランを導入しており、「宿泊プラン」はチェックイン~チェックアウトの滞在期間を17H、21H、22H、26Hから、休憩・仮眠・シャワーなど短時間利用に最適な「休憩プラン」は1H、3H、5H、8Hから選ぶことができる。

▲エントランスではGLANSITのシンボルツリーが出迎えてくれる。

フロントはオートフロント機を導入しており、混雑時でも待つことなくチェックイン・チェックアウトが可能となっている。オートフロント機は多言語対応していて、外国人旅行者でも気軽に利用できるのが特徴だ。

基本的な情報はこの辺りにして、さっそくベッドルームエリアへ。2~9階が対象エリアとなっており、男女階層はもちろん別。ちなみに、エレベーターにも仕掛けがあり、階層移動時にはチェックイン時にユーザー登録するICチップ入りリストバンドが必要となる。例えば、利用者が男性である場合、女性専用エリアの階層ボタンは押せない仕組みになっており、異性を気にすることなく、安心・快適に過ごせる。

部屋はスタンダードカプセル、プライベートカプセル、ツインカプセルの3種類。プライベートカプセルは、サイドデスクと専用ロッカーを装備、ツインカプセルはカプセルベッド2床を備えた個室タイプのカプセルとなっている。各客室設備は以下の通り。

■スタンダードカプセル(定員1名)
カプセルベッド・24インチTV・オリジナルマットレス・合繊掛け布団・枕・電源コンセント・USB差込口・無料Wi-Fi ※専用ロッカーは別エリアにあります

■プライベートカプセル(定員1名)
カプセルベッド・サイドデスク・専用ロッカー・32インチTV・オリジナルマットレス・合繊掛け布団・枕・電源コンセント・USB差込口・無料Wi-Fi

■ツインカプセル(定員2名)
カプセルベッド2床・サイドデスク・32インチTV・オリジナルマットレス・合繊掛け布団・枕・電源コンセント・USB差込口・無料Wi-Fi ※専用ロッカーは別エリアにあります

本記者が特に注目したのが、半個室の「プライベートカプセル」。なんとスライドドアを開けるとデスク付きの空間が用意されており、まるでビジネスホテルのような利用が可能となっている。ノートPCが手放せない社会人には嬉しいサービスだ。

24時間利用できる男女別のフリーラウンジ

秋葉原では「安心お宿」や「女性だけが泊まれるカプセルホテル 秋葉原BAY HOTEL」など、いくつかカプセルホテルが存在する。決め手のひとつとなるフリーラウンジだが、「GLANSIT AKIHABARA」はかなり居心地が良い。インターネットカフェ運営のノウハウを活かしており、高速Wi-Fi、新聞、雑誌、書籍、ドリンクサーバーを常備。デスクワークや休憩、グループでの会話などカフェ施設としても利用できる。また、男女それぞれでフリーラウンジの内装が変わっており、匂いや用意されているアメニティー、雑誌なども異なるところにこだわりを感じられた。

▲男性専用のフリーラウンジ。

▲女性専用のフリーラウンジ。

大浴場も男女で少々異なる。男性の場合はシャワー施設が少なく浴槽が大きい、女性の場合はシャワー施設が多く浴槽が小さいといった感じだ。シャンプーやリンス、トリートメントなども異なっていた。

スタッフに尋ねたところ、今後もバグースは渋谷や新宿などの都心の一等地にカプセルホテル事業を展開していくという。オリンピックに向けてインバウンド需要が高まるなか、ホテル事業の展開はさらに加速しそうだ。

店舗概要
GLANSIT AKIHABARA~COMFORT CAPSULE HOTEL~
■住所:東京都千代田区外神田4-4-6
■営業:11:00~19:00
■定休日:無休
■総床数:128床
■延べ床面積:1098.45㎡
■構成:
B1階/大浴場・ラウンジ(男性)
1階/フロント
1階~9階/客室・ロッカールーム
10階/大浴場・ラウンジ(女性)
■HP:http://glansit.jp/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: sasuke_in) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy