ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

#インターネット老人会 のハッシュタグが熱い

computer_kurayami

Twitterで今なお熱い広がりを見せている#インターネット老人会 というハッシュタグをご存知でしょうか。

たびたび出現する懐古系のタグなので、正直、若い世代には通じない話題ばかりです。(だからこそ盛り上がるというのはありますが)

Twitter上でなくても、次のようなやりとりを、職場のパソコン名人達から聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

・インターネットが無いころ「パソコン通信」と呼ばれる、大小さまざまな規模のローカル通信網を使っていた。
・昔は受話器に専用のマイクとスピーカーを付けてそこから出る音で「パソコン通信」をした。
・1枚の画像が出てくるまでに数分かかった。
・カセットテープにゲームのデータが入っていた。読み込みに数分かかった。

……などなど。

#インターネット老人会 のハッシュタグでは、こうした話をさらに掘り下げて、完全に「わかる人にしかわからない」状態になっているのが大きな特徴です。筆者の好みでいくつか引用してみましょう。

テレホの時間まで我慢できずについついネットに繋げちゃって電話代が膨れ上がったな。当時は都民だったからISPのアクセスポイントには困らなかったけど、同一市外局番の中にアクセスポイントが無い地方民はキツかっただろう

NTTのサービスで夜23:00からは電話料金が定額制になる『テレホーダイ』というものがありました。パソコン通信やインターネットをする場合にはテレホーダイの時間帯である通称“テレホタイム”に通信をするのがセオリーでした。

まぁ、さらに掘り起こせば、テレホタイムがなんたるかよく知ってるとか、今と違う名前でヤフーチャットに入り浸ってたとか、ircメッセンジャーとか言い出すので#インターネット老人会 ってタグをつけられかねないが

チャットと呼ばれる特定・不特定多数との文字会話が全盛でした。

2ちゃんねるが5ちゃんねるに変わりましたが、その昔、1ちゃんねるというものがあってだな

2ちゃんねるに対抗して、『1ちゃんねる』(1ch.tv)というサービスもありました。

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。