体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“モテクリエイター”ゆうこすに聞く 「本当に好きな事」を見つけるコツ

img_6001

Twitterで「おはよう」とつぶやいたのに、「死ね」って返される毎日だったらどうしますか?

2012年にHKT48を脱退した ゆうこすさん(菅本裕子さん)は、まさしくそんな状況で過ごしていました。どん底でニート生活を送っていた彼女はそれでもSNSで発信し続け、なおかつ自問自答し続けていました。

「本当に好きな事って何だろう」

決して楽とは言えない状況の中、彼女が見つけ出したのは「男女からモテたい」「カワイイと言われたい」という答えでした。

「ブレていた」というそれまでとは異なり、本当に好きな事を突き詰めて発信するようになったゆうこすさん、今ではインスタグラム、Twitter、YouTube、LINEなどフォロワー累計はなんと76万人! 個人事務所を設立してSNSを中心としたプロモーション活動を継続中。

img_6015

2017年9月14日には、彼女が今に至るまでを綴った著書『SNSで夢を叶える』を上梓し、現在もファンを増やし続けています。
今回はそんな、“モテクリエイター”ゆうこすさんにお話を伺いました。

%e6%9b%b8%e5%bd%b1

他人は変えられなくても、自分は変えられる

――『SNSで夢を叶える』の出版、おめでとうございます。

ゆうこす:ありがとうございます。

img_5951

―― ゆうこすさんの文章を読んでいると、「他人は変えられないけど自分は変えられる」という言葉が色濃く感じられました。でも、やっぱり他人の目を気にしてしまう人は多いと思うんです。もしそんな人にアドバイスするとしたらどんな言葉をかけてあげますか?

ゆうこす:今、私自身も1年半前、2年前から比べると自分も含めて色々変わったんです。結果的に周りも環境も変わったんですけど。

当時は「なんで周りは変わってくれないんだろう」って思いながらも自分は変えられなかったんです。今になって考えると、他人を変えようと考えるよりも自分がまず変わる、そっちの方が簡単だったんです。

自分が変わると次第に周りもどんどん変わっていってくれるので、「そっちの方が(自分が変わるほうが)簡単だよ!」って(笑) 言ってあげたいな、とは思いますね。

――見え方も変わってくる?

そうですね。自分の捉え方も変わってくると思います。

img_5955

本当に好きな事の見つけ方

―― 『SNSで夢を叶える』では「好きなものを見つけよう」というのがテーマの一つだと感じました。
でも、「好きなもの」すら見つけられなくて悩んでいる人って意外と多いと思うのです。「将来何になりたいかわからない」って人とちょっと似ているとは思うのですが、そんな人たちに「好きなもの」「なりたい自分」を見つけるためのコツとかきっかけってありますか?

ゆうこす:私、2年前に「モテクリエイターになりたい」とか「モテるってことを仕事にしよう」なんて思ってもいなかったんですね。実は「好きなもの」イコール「仕事」みたいな感じで考えている人が多いんじゃないかと思ってるんです。

―― 確かに

ゆうこす:私は(料理タレントとして活動している)当時、「料理好き? かなあ?」って思ってたんです。

仕事と結び付けて「好きな事」を考えている人が多いと思うんですけど、一回、そこの結びつきを取っ払って「一番やっててワクワクすることって何だろうなあー」って考えてみると良いと思います。それが仕事とかお金と結びつかなくてもいいので。
私の場合、それが「男性や女性からカワイイ! って言われること」だと気づいたんです。それからはそれを発信するようになって周りからは「ネオぶりっ子」って言われるようになって。

今度それを動画でも発信していこうと思ったら「モテクリエイター」って言われるようになっていう(笑)。仕事っていうところを一回とっぱらって、自分がワクワクすることをシンプルに考えたら出てくるんじゃないかなー、って思います。

―― 仕事と一旦切り離す、っていうのはちょっと目からウロコが落ちる思いです

ゆうこす:その当時ニートだったからその考えができたのかな、とも思うんですけれども(笑)

―― モテクリエイターっていうのはどんな風に言われるようになったんですか

ゆうこす:ファンとのTwitter上での会話で「(ゆうこすって)クリエイターじゃない?」「じゃあ、モテクリエイターじゃん」って言われたのがきっかけだったと思います。

―― じゃあ、ファンが名付け親みたいな

ゆうこす:そうですね(笑) 「モテクリエイターって響きいいねー」とか言って(笑)

―― 出るべくして出た肩書だったんですね。

img_5897

ゆうこすさんは、多くの人に向けて発信しようと心がけたときに「反応が無くても半年我慢して」とおっしゃってました。反応のない半年って結構長いと思うのですが、投稿を続ける秘訣ってありますか?

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy